日本語
2023年10月09日 FS Official より投稿
388
背景
東京に本社を置くお客様は映像伝送事業・映像配信事業の専門企業として、ライブ放送システム、IP転送設備、光通信システム、監視システム、音響設備などといったサービスを提供しています。HD/4K/8K映像やクラウドのデータ密集型アプリケーションのニーズが高まるにつれて、既存の映像伝送ネットワークは帯域と伝送速度の不足という問題に直面しています。
  • 課題1
    既存ネットワークの光ケーブルのデータ損失が激しく、1dB/kmに近づくと、伝送能力がさがる
  • 課題2
    光ケーブルのリソースが逼迫しており、伝送能力に限界がある
  • 課題3
    光伝送線路のリアルタイムアラート検知が必要
取り組み
結論
  • 映像伝送をより遠く、より安定させるM6200 EDFA
    このソリューションはM6200-20BAM6200-25PAを使用し、入力側と出力側で光信号を増幅させ強度を高めることで、データの減衰を克服し、映像伝送の品質と安定性を向上させた上で、更に遠距離の伝送をサポートします。光ファイバ増幅器の導入は長距離伝送のデータ損失問題を効率的に解決し、より長距離での高速データ転送を実現し、ユーザーの視聴体験と業務効率を向上させます。
  • 光ファイバのリソースのボトルネックを解決し、複数の10G信号による高効率伝送を実現する16チャネルDWDM技術
    単芯の光ファイバ上で16もの異なる波長の信号を伝送し、光ファイバのリソースを最大限に活用します。また、Ethernet、SDH/SONET、ATM、Fibre Channelなどの異なるプロトコル間のクリアな伝送もサポートし、効率的かつ安定的な伝送、光ファイバーの無駄のない活用、伝送コストの低下を実現します。
  • 映像伝送のリアルタイム検知と業務継続性の保証
    リアルタイムでルートのアラームを検知し、トラブルシューティングの効率を向上させ、映像伝送の中断や画質の低下、遅延の増加などの業務の継続性と安定性にかかわる問題をカバーしています。同時にリモート管理と集中管理をサポートしているので、現場で作業をする必要がなく、設備の使用効率・管理効率を向上させます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介