日本語
2023年06月27日 FS Official より投稿
430
背景
大阪にある医療センターは、患者中心の医療モデルを重視し、患者を満足させるために最良の治療効果を目指し、質の高い医療サービスを提供する総合病院です。FSキャンパス有線ソリューションは、病院のネットワークの性能とセキュリティを効果的に向上させ、ITスタッフの作業負担を軽減し、運営上の効率を高め、コストを削減できます。
  • 課題1
    大量な機密データをネットワーク経由で伝送および処理するため、安定したネットワーク性能と伝送速度が求められる
  • 課題2
    患者のプライバシー保護と情報漏洩防止のため、ネットワークの認証とアクセス制御対策が必要
  • 課題3
    機器の管理やメンテナンスには技術的なサポートが必要だが、ITスタッフ数は少ない
結論
  • より安定したネットワークを実現する高品質ネットワーキング
    FSはフラットネットワークアーキテクチャを採用し、S5860-20SQS3910-48TSS3410-48TS-Pを導入しました。これより、ネットワーク全体に影響を与えることなく、ネットワークの安定性を効果的に向上させ、高性能な伝送を実現できます。 単一障害点が存在する場合でも、個々のデバイスが即座に復旧し、あるいは他の利用可能なネットワークに切り替えることができます。
  • 患者のプライバシーを漏洩から守る認証処理
    FSは、S3410-48TS-Pアクセススイッチを使用して、3A認証技術による安全で管理しやすいキャンパスネットワークを構築しました。スイッチは各ユーザーに固有の認証情報を割り当て、サーバーは適正ユーザーのみがネットワークリソースにアクセスできるようにし、不正アクセスやサーバー攻撃を防ぎます。患者や家族のような訪問者のために、FSは本人確認のための3A認証サーバーを導入し、特定のアクセス権限を付与します。
  • 管理負担を軽減するインテリジェントなクラウド管理システム
    FSは、日常的な機器の運用・保守をサポートするサービスを提供します。Airwareクラウド管理により、リモート展開、モバイル運用保守、異常検知、攻撃防止が可能になります。この管理システムは、ビッグデータ技術を利用してネットワークを最適化し、O&Mコストを大幅に削減できます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介