日本語
2023年07月07日 より投稿
185
背景
お客様は1994年に設立された中国の大手通信事業者で、固定電話や携帯電話、ブロードバンドインターネット、データ通信サービスなど、総合的な通信サービスを提供しています。業務量の増加に伴い、通信アクセスルームのケーブル配線に対する要求も高まっています。FSは、乱雑な配線の問題を解決するために、高度な統合配線設計と高密度ケーブル製品を提供しました。
  • 課題1
    複数のケーブルが乱雑になると、安全上のリスクが生じるだけでなく、外観も損ねます。
  • 課題2
    改修や拡張は、複雑で高いリスクが伴うため困難です。
  • 課題3
    障害のトラブルシューティングやケーブルの場所の特定は困難で非効率的です。
取り組み
結論
  • FSソリューション:美観と効率性の新時代
    通信事業者は、高品質で見た目にもきれいな広帯域光ネットワークを必要としています。既存のアーキテクチャーでは従来の方法が使用されているため、ケーブルが整理されておらず、安全性が損なわれ、運用が煩雑になります。FSは、3MTP18LCDOM4Aカセットと144F(12F*12)MTPトランクケーブルを使用した高密度ソリューションを提供し、配線スペースを削減します。FHD-1UFCE 1Uエンクロージャは、エリア間のケーブル配線作業を削減し、運用を合理化します。
  • データセンターのケーブル管理に大変革をもたらす
    データセンターにおける無秩序なケーブル管理は効率の低下につながり、新たなビジネス展開への課題となっています。FHD-3MTP18LCDOM4Aカセットは、36本の光ファイバケーブルを収容できる高密度設計で、従来の30分/pc以上から5分/pc以下にまで、業務効率を向上させることができます。
  • 高密度ソリューションによる障害トラブルシューティングの効率化
    障害発生時、FHDパッチパネルの視覚的なポートラベルにより、メンテナンスのための障害ケーブルの迅速な識別と位置特定が可能です。一方、このソリューションは、運用の難易度を下げ、水平管理エリアのケーブルのメンテナンスフリー状態を実現し、バックボーンリンクの障害発生確率を低減します。ケーブルの混乱問題を解決し、作業効率を向上させます。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介
最新ニュースメール配信を登録する
ビデオ
【FS 豆知識】SFPトランシーバとは?種類・規格・用途について解説(日本語字幕)
02:53
2022年06月10日
170
【FS 豆知識】SFPトランシーバとは?種類・規格・用途について解説(日本語字幕)