日本語
2023年09月07日 FS Official より投稿
113
概要
企業の建物内のネットワークケーブル配線は、組織の通信、コラボレーション、データ伝送要件をサポートする、堅牢で効率的かつ安全なネットワークインフラストラクチャを確立するために不可欠です。FSは、既存のネットワークケーブルを利用し、1G/10Gイーサネットモジュールを装備することで、企業が構築と管理の困難を大幅に軽減し、設備コストを節約できるよう支援します。これにより、光ファイバの設置や追加の機器の購入が不要になります。
  • チャレンジ1
    会社のキャンパスにはすでにネットワークケーブルが配備されています。光ファイバケーブルを再び導入すると、投資コストが増加し、リソースの使用率と収益が低下します。
  • チャレンジ2
    ビジネスの成長とユーザー数の増加により、トラフィックと帯域幅のニーズが継続的に増加します。これにより、帯域幅レートをアップグレードする際の課題が生じます。
  • チャレンジ3
    - パッチコードのガラスの特性により、光モジュールと組み合わせて使用すると、破損や端面の汚れなどの問題が発生しやすくなります。これにより、メンテナンスが困難になります。
結果
  • 低投資で高い収益を達成
    お客様は、新しいギガビット/10ギガビットスイッチと対応するサーバーをまとめて購入します。キャンパス建物内にはネットワークケーブルがすでに敷設されています。光ファイバ相互接続を使用するには、光ファイバケーブルを再設置する必要があり、その結果、ケーブル配線コストが高くなります。これに対処するために、FSは既存の銅ケーブルリソースを使用し、光ファイバケーブルやパッチコードの必要性を減らし、それによって投資コストを削減します。
  • 高い柔軟性を獲得
    ビジネストラフィックと帯域幅に対する需要を満たすために、FSは、スムーズでシームレスなアップグレード移行を促進するSFP-10GM-Tのような適応型マルチレートイーサネットモジュールを提供します。これにより、イーサネットモジュールを頻繁に交換する手間が省かれるだけでなく、大幅な柔軟性が提供され、メンテナンス方法が簡素化され、運用効率が向上します。
  • 安定したデータ通信を実現
    電力の弱い部屋にスイッチを設置すると、高温になり、ホコリが蓄える原因になります。したがって、光モジュールを使用すると、故障率が高くなる可能性があります。FSのイーサネットモジュールは、技術的に成熟した業界をリードするMarvellおよびBroadcomチップソリューションを採用しています。これらのソリューションは、製品固有のハードウェア信頼性の問題を軽減するだけでなく、主流のネットワークデバイスとの互換性も保証します。
テクニカルサポート
メールアドレス
詳細情報
0/5000
事例紹介