キャンセル
https://media.fs.com/images/community/wp-content/uploads/2019/02/reconfigure-transceiver-with-FS-Box.jpg

すべて機器に適用される光モジュールはあるのですか?

Margaret

翻訳者 ともや
2019年2月27日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

ご存知の通りに、数え切れないほどの大規模なデータセンターのエンドユーザー向けに、さまざまなベンダーの機器を大量に調達して、互換性方面に厳しい要件に対応することは避けられないでしょう。 たとえば、新しくスイッチを購入した場合、当該スイッチに適用できる光モジュールと嵌合する必要になるため、すべてベンダーのスイッチに対応するのに総支出がだんだん増加されると存じます。さらに面倒になることに、前期の購入検討、コミュニケーションおよび後期のアフターサービスとメンテナンスを求めることは、我々のエネルギーも消耗されます。では、すべての機器、少なくとも光モジュールを相互対応可能および互換性のあるものにする秘訣はありますか? もちろん、 FSボックスの導入により、弊社は自信を持って肯定的な答えを出します。

FSボックスとは何ですか?

FSボックスは、リアルタイムの互換性ニーズを解決し、データセンターのトランシーバーファームウェアをアップグレードするように設計されています。これは、SFP/SFP+、XFP、QSFP+/QSFP28との光モジュールに用いる3つのポート、およびDAC/AOCケーブルが付属しています。ユーザーは、ボックスを介してCisco、Juniper、Aristaなどの200を超えるブランドのモジュール配置や、その他のカスタマイズされた再プログラミングのサービスにアクセスできます。そして、直感的なWebベースのインターフェイスを使用して、オンラインプラットフォームfsbox.comで即時に配置されることができます。

FS Box V2

FS Box V2

弊社のウェブサイトにオンライン利用できるボックスは、バージョン1に基づいてパフォーマンスを向上させるFSボックスV2です。これは、ユーザーからの意見を聞き入れながら、専門家がバージョン1を改善しアップグレードされたものになります。以前の正方形の形状は、コンパクトな長方形のデザイン(20.6x72x145mm)に置き換えられ、ユーザーは持ち運びに便利できるポータブルな形で歓迎されています。そして、USB 2.0に代わりに、拡張電力供給機能を備えたUSB Type-Cに変わりました。リバーシブルのType-Cコネクタは、ほとんどのニーズを満たすだけでなく、モバイルアプリへの道を開きます。さらに、追加の配置のバッチ処理および診断機能により、ボックスがよりスマートになります。 新しいスマートクラウドプラットフォームfsbox.comは、バージョン1のボックスにも適用できることは特筆に値します。

FSボックスはどのようなメリットがありますか?

まずは、多数の分類された配置の選択肢により、自分で配置ファイルを検索する多くの労力が節約され、FS光学部品を数秒以内に任意のネットワークハードウェアで使用できるようにすることで時間も節約できます。それで、十分に保護されたFSボックスパッケージで利用できるため、狭いサーバールームであれ、大規模なデータセンターであれ、いつでもどこでも簡単に光学部品を変更できます。

次に、同じ構成を必要とするモジュールが多数ある場合に、配置のバッチ処理が役立ちます。数百または数千の異なるタイプの光モジュールさえある大規模なデータセンターでは、手動で配置を繰り返すのはすごく大変です。これに対して、ユーザーはボックスのプラットフォームにての「バッチ」ボタンをクリックし必要な数量を入力するだけでこれらのモジュールを再配置でき、ネットワークを長時間に問題なく稼働できることになります。

第3に、FSボックスを使用すると、ファームウェアの購入コストを節約できます。新しい配置で再生することにより、予備品または故障した光学部品を有効的に活用でき、余分な光モジュールにお金をかける必要がなくなります。

最後は、配置の診断機能を使用すると、ユーザーはFSクラウドプラットフォームによって利用可能な光モジュールの情報を診断し、それを別の配置不正確のあるまたは互換性のないFSモジュールと照合して、問題のある光モジュールを修正し、アフターセールスの問題を効率的に解決できます。

FSボックスで光学部品を再配置する方法は何ですか?

ユーザーは数回クリックするだけで、モジュールを簡単に再プログラミングできます。ここでは、配置のプロセスを把握するのに簡単にご説明いたします。

Reconfigure Transceiver With FS Box

FSボックスを使用したモジュールの再構成

まずはFSボックスをWindows 10(推奨)または以降、Mac OS 10.13または以降などのオペレーティングシステムがインストールされているコンピューターに接続します。 次に、Webブラウザー(69または以降)でFSアカウントを使用してfsbox.comにログインします。そして、モジュールをFSボックスにての相応するポートに挿入します。FSボックスは、モジュールの情報を読んだ後、Webインターフェイスに互換性のあるブランド、シリアル番号、部品番号が表示されます。その時、相応する必要な配置を選択して「配置の開始」をクリックするだけで、FSボックスがすぐに機能します。配置が正常に完了すると、モジュールの更新された情報が読み取り列に表示されます。もしその他何かご不明なところがございましたら、ドライバーのインストールやアクティベーションなどの配置のパッチ処理と準備作業の詳細については、FSボックスのユーザーガイドを参照してください。

ご注意ください:FSボックスはFSモジュールの再配置のみをサポートされますが、他のベンダーの光学部品だとその上で研究されるだけにしてください。

FSボックスはそれを可能にします。

実用的で技術者にやさしいFSボックスには、変化するニーズに対応できる幅広い構成の選択肢があります。これは、光ネットワークエンジニアが直面するリアルタイムの互換性要件を解決できるだけでなく、モジュールファームウェア(部品番号、シリアル番号、 ベンダー名など)をアップグレードしたスイッチと互換性のあるものにします。弊社はネットワークを改善するための最高かつ包括的なソリューションを目指して努力しており、ユーザーから好評を博されました。


453

おすすめのコンテンツ