キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/10g-sfp-dac.png

10ギガビットイーサネットSFP+ケーブル(10G対応 SFP+ DAC):規格・仕様・使い方について

主要ブランドと互換性あり

Worton

翻訳者 ともや
2018年7月12日 に投稿された



ネットワークケーブル配線は長年にわたり大きな変化を遂げており、高速ファイバケーブルへのより大きな飛躍を実現しています。しかし、いくつかの場合には、銅線twinaxケーブルになると、例えば、SFP+ケーブル、またはSFP+ DAC twinaxケーブルは、短距離で10GbEアプリケーションに最適化されたソリューションとして引き続き機能します。この記事では、SFP+ DACケーブルに関する基本情報と10ギガビットイーサネットSFP+ケーブルの配備に関する考慮事項について説明します。

SFP+ケーブルの基礎:定義とタイプ

 SFP+ DAC twinaxケーブルは、SFP+ハウジングに直接接続するtwinaxケーブルアセンブリを使用する銅線相互接続です。 2つのSFP+スロットを直接接続することで、機器上、コストのかかる光トランシーバを使用せずに、消費電力、レイテンシ及びインストール時間を大幅に削減できます。従って、SFP+ DACケーブルは、近代的な短距離高速10ギガビットイーサネットのアプリケーションに対して、既に最適な選択肢となっています。10mの距離制限がありますが、10G SFP+ DACケーブルは、一般的にラック内とラック間ラックの接続で使用されています:ラック内または隣接ラック内のサーバー及びストレージデバイスとのtop-of-rack スイッチの相互接続を含まれています。


2.The Connection of 10G SFP+ SR Modules.jpg


10ギガビットSFP+ダイレクトアタッチケーブルはダイレクトアタッチ銅ケーブル(DAC)とダイレクトアクティブ光ケーブル(AOC)に分類できます。DACケーブルはパッシブまたはアクティブのいずれかになります。ダイレクトアクティブ光ケーブルAOCは、トランシーバの両端にファイバ接続をボンディングし、ダイレクトアタッチ銅ケーブルの様な完全なファイバケーブルアセンブリを形成しますが、3~200mの到達距離を持っています。 上の図は、データセンターのToR相互接続用の主要なパッシブ型及びアクティブ型のダイレクトアタッチケーブルを示しています。

1.The Connection of 10G SFP+ Copper Modules.jpg

パッシブDACケーブル&アクティブDACケーブル

パッシブDACケーブルには電気部品が含まれていないため、最小消費電力は0.15W未満ですが、リンク距離は5mに制限されています。アクティブ銅ケーブルには、コネクタの中に信号レベルを上げられる電気部品が含まれていますが、銅製メディアを使用して5m以上の距離に達することができ、伝送品質を向上させることができます。これにより、アクティブ銅ケーブルは、ダイレクトアタッチパッシブ銅ケーブルよりも若干高価になり、消費電力も増加します。詳細は、次の表を参照してください。

リーチ ケーブルの種類 消費電力 重量 曲げ半径 アプリケーション 値段
パッシブDACケーブル <5m Twinax銅ケーブル <0.15w 最も重い 24 AWG=38 mm
26 AWG=33 mm
28 AWG=25 mm
30 AWG=23 mm
ToR、隣接ラック 最も低い
アクティブDACケーブル 5-15m Twinax銅ケーブル 0.5-1w 最も重い 24 AWG=38 mm
26 AWG=33 mm
28 AWG=25 mm
30 AWG=23 mm
ToR、隣接ラック 低い

SFP+ケーブル購入に関する考慮事項

ブランドまたは互換性SFP+ DACケーブル

OEMまたはベンダーとするブランドのSFP+ twinaxケーブルはコストがかかりすぎるため、ユーザーは同じ業界標準で作られた互換性のあるSFP+ DACケーブルを選択する傾向があります。FS.COM では、SFP+ to SFP+ ケーブルはテストを行い、主要ベンダーの機器と互換性があることが証明されています。我々も特に異なるブランドの互換性のあるハウジングを両側に備えたSFP+ DAC twinaxケーブルアセンブリを設計しています。その上、ご要望に応じてカスタマイズすることができます。このように、複数のベンダのスイッチを接続することは、もはや障害ではありません。


3.The Connection of 10G SFP+ LR Modules.jpg


SFP+ DAC Twinaxケーブルの製品詳細を読む

お客様の特定のニーズに合わせた購入ミーティングを行うためには、購入者はSFP+ DACtwinaxケーブルに関するROHS指令準拠、保存温度及びMSA準拠機能を十分に理解している必要があります。これは、ネットワークシステムが正しく動作するために重要です。

AWGも一つ重要な要素だ

SFP+ DAC銅ケーブルに関連するもう1つの重要な要素はAWGです。24AWG、28AWG、30AWGなど、SFP+ DAC twinaxケーブル長さとワイヤーゲージのさまざまなオプションがあります。AWGを選択する時に、常にルールを覚えておいてください。距離が長いほど、AWGレーティングは低いです。下の図に見られるように、SFP+ケーブル2mのゲージは30AWGですが、SFP+ケーブル5mのゲージは24AWGです。

SFP+ケーブル配備のヒント

ここでは、SFP+ DAC twinaxケーブルについてよく寄せられる質問に対する回答を提供し、SFP+ DAC銅ケーブルに関するあらゆる混乱を解決できると希望しております。

パッシブまたはアクティブSFP+ DACケーブルを選択すべきでしょうか?

パッシブSFP+ DAC twinaxケーブルには電気部品が含まれていないため、電源がほとんど無くても動作できます。逆に、SFP+アクティブ銅ケーブルは信号処理回路を内蔵コネクタに統合するためにDC電源が必要となりますので、高価になります。距離が7mを超えない場合は、パッシブSFP+ DACを使用することをお勧めします。リンク距離が7mを超える場合(例えば、ToRからEoRまで)、アクティブDACが必要になります。

Ciscoスイッチで互換性のあるSFP+ DACケーブルを使用することはできますか?

はい、光トランシーバと同様に、互換性のあるSFP+ DAC twinaxケーブルは、Ciscoケーブルと同じ業界標準で製造されています。認定された10GbE SFP+ケーブルは、正しく機能できる事を確認するのに、Cisco製の機器でテストし、完全に認証される必要があるすべきです。信頼できるダイレクトアタッチケーブルのメーカーさんで SFP+ DAC twinaxケーブルを購入していますので、互換性のあるSFP+ DACケーブルをブランドとしても同等の性能を発揮できます―その同時に、コストを大幅に削減します。

SFPポートでSFP+ DACケーブルを使用できますか?

はい、SFP+ケーブルはSFPポートと下位互換性があり、正常に動作します。ただし、SFPケーブルはSFP+ポートと互換性がありません。SFPケーブルはSFP+ポートに差し込むことができますが、10Gb/sのデータレート用に適用されていません。

11.0k

おすすめのコンテンツ