https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

5G導入が25G光学市場の新たな機会の到来を告げる

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-20-10.jpg

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年2月21日 に投稿された
2020-08-09 07:40:53
268

今日、5Gネットワークは論争を超えて最も目を引く焦点となっています。5Gの試験運用と投資、5G商用サービスは世界中で実施されています。5Gテクノロジーの進化に伴い、より高いボーレートの光モジュールが、より高密度のセルサイトに基づいて非常に人気が高まっています。現在の4G LTE(Long-Term Evolution)セルサイトは、主に10G光モジュールを採用しています。25G光モジュールは、5G展開、特に5Gフロントホール伝送で推奨される代替手段ですが、25Gオプティクスに新たなピークの開発がもたらされます。

5Gネットワークとはなんですか?

5Gは4G LTEの基盤に基づいて構築されており、既存の通信技術に大きな飛躍をもたらします。5G標準では、ユーザーエクスペリエンスのデータレート、接続密度、レイテンシ、ピークデータレート、モビリティなどに大きな変化があります。IMT-2020仕様によれば、5Gのピークデータレートは最大20ギガビット/秒に達すると予想されています。5Gネットワークは、さまざまな拡張モバイルブロードバンド環境で多様なデータレートをサポートできます。平均的な都市部および郊外の消費者にとって、5Gはデータへのより高速なアクセスと潜在的に優れたカバレッジを意味します。5Gサービスはまもなく人々の仕事と日常生活に浸透します。アップロードとダウンロードの高速化、クールなVRエンターテインメント、モノのインターネット(IoT)、無人運転、遠隔医療が、近い将来5Gネットワークを通じて利用可能になります。5G市場は、明るい展望とともに無限に拡大されます。

5G vs 4G

図1:5G標準と4G標準。

5Gネットワーク伝送分析と25Gが必要な理由はなんですか?

4Gネットワークは主に、EPC(Evolved Packet Core)、BBU(ベースバンドユニット)、RRU(無線リモートユニット)の3つの部分で構成されています。5Gネットワークアーキテクチャでは、オリジナルの4G BBUをCU(中央ユニット)とDU(分散ユニット)に分割し、クラウド化とセルサイト展開の集中管理の利点を十分に活用します。一方、5Gネットワークは、元の4G RRUとBBUの物理層機能の一部をアンテナと組み合わせて、多機能AAU(アクティブアンテナユニット)を形成します。したがって、アップグレードされた5Gネットワークインフラストラクチャは、フロントホール伝送とバックホール伝送のみをカバーする既存の4Gインフラストラクチャにミドルホール伝送を追加します。

Despliegue del 5G vs Despliegue del 4G

図2:5Gネットワーク配置と4Gネットワーク配置

5G伝送のこれら3つの部分には、5Gネットワーク光モジュールに対する異なる要件があります。5Gネットワークのフロントホール伝送では、20Gのピークで推定100M-1Gの帯域幅速度に到達します。アンテナポートは64または128になる可能性があります。さらに細かく、より洗練された帯域幅処理が実現します。25G WDM-PONは5Gフロントホール伝送の最適なソリューションとして受け入れられていますが、DUとRRUを接続し、高帯域幅、低遅延、低コストを提供します。したがって、25G光モジュールは、5Gネットワークを構築する上で欠かすことのできない部品となります。5Gネットワークの中距離伝送は、主にN x 25GテクノロジーとDWDMリングネットワークインフラストラクチャを採用します。これは、100G光モジュールの重要なニーズを表しています。5Gネットワークのバックホール伝送では、信号を伝送するためにOTN(光トランスポートネットワーク)が配備されている場合、N×100G技術が採用されます。そうでない場合は、200G/400G光モジュールが必要になります。

Transceptores ópticos 25G

図3:25G光モジュール

5Gネットワークが牽引する25G光学市場のトレンド

BBU構造から細分化された5GネットワークのCUおよびDUは、5G時代の光モジュールの全体的な需要を後押しし、4G時代の1.8倍に達すると予想されています。Lightcountingの市場レポートによると、過去数年間、ワイヤレスフロントホール市場がかつてないほどに急増したため、25G光モジュールの需要は垂直に増加しました。2020年、25Gおよび100G光モジュールは、5G商用サービスおよびアプリケーションの速いペースに対応するために主流の展開に対応できるようになりました。時間通りに、25G光モジュールの需要は100万に達すると予想されますが、40G光モジュール市場は徐々に減少します。2021年には、キャリアは5Gへのシフトをサポートするインフラストラクチャとシステムを準備するために熱心に取り組み、25G光モジュールの需要は200万に達すると予想されます。将来的には、データセンター、ワイヤレスネットワーク、アクセスネットワーク、および伝送ネットワークが、25G光モジュールに対する協力的な需要を形成し、新しい需要の限界に達します。

Análisis del mercado de transceptor óptico

図4:光モジュール市場の分析

結論

5Gの試験運用と商用展開により、25Gオプティクス市場は新たな開発のピークを迎えます。世界をリードする通信システムインテグレーターと光ソリューションプロバイダーは、5Gテクノロジーとその成熟度を探求する取り組みを先導しており、5Gの指数関数的なデータの成長とグローバルな運用に対応するために、最新の25G光通信製品とソリューションを研究開発し続けます。