https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

ベース8芯とベース12芯 MTP/MPOケーブル選択方法について

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年3月3日 に投稿された
2020-08-12 10:30:38
203

Asご存知のどおり、従来のベース2芯接続(LCケーブル)は、40Gまたは100Gで展開されたデータセンターの高速かつ高密度の要件を満たすことができません。このような状況下では、多くの場合、ベース12芯とそれ以降のベース8芯 MTP/MPO接続という2つの新しい接続方法が採用されています。次に、ベース12芯およびベース8芯 MTPケーブルとは何ですか? MTPケーブルシステムでどちらを選択すればよいですか?それについて詳細な内容は下記にご案内いたします。

ご注意ください:MTPはUS Conecの登録商標です。これは、US Conecがコネクタを説明するために使用する用語です。アメリカンConec MTP製品は、MPO規格に完全に準拠しています。したがって、MTPコネクタはMPOコネクタの一種です。

ベース8芯 MTPケーブルとは何ですか?

ベース8芯 MTP/MPOケーブルは、バックボーンのタイプBオス/ピン留めMTPトランクに基づいており、8芯単位の光リンクと8芯MTP光ファイバコネクタを使用しています。たとえば、8芯、16芯、24芯のトランクケーブルはすべて、ベース8芯 MTP配線システムに属しています。ベース8芯 MTPケーブルでは、12芯トランクケーブルは存在しません。次の図は、ベース8芯ケーブルシステムを示しています。

1.jpg

8は2で完全に割り切れるので、ベース8芯接続はベース2芯ケーブルシステムで簡単に使用できます。たとえば、8芯MTPケーブルは、4本のデュプレックスLCケーブルに簡単に変換できます。もちろん、MTP-LCモジュール などの他のソリューションを使用して、ベース8芯接続からベース2芯接続へのスムーズな変換を実現できます。

ベース12芯 MTPケーブルとは何ですか?

ベース12芯 MTP/MPOケーブルは、バックボーンのタイプAメス/ピンなしMTPトランクに基づいています。12のインクリメントに基づく光ファイバリンクと12芯MTP光ファイバコネクタを利用します。ベース12芯はベース8芯の前に登場されます。したがって、ベース12芯はまだMTP配線システムの主流です。ベース12芯接続は次のようになります。

3.jpg

同様に、12は2で完全に割り切れるので、Base 12の接続はBase 2のケーブルシステムに簡単に使用できます。下記は、MTP-LCブレークアウトモジュールを使用したベース12芯システムからベース2芯システムへの変換を示す図です。

4.jpg

ベース8芯とベース12芯のMTPケーブル接続、どちらを選択すればよいですか?

ベース12芯接続は、20年近くデータセンター業界にサービスを提供しています。そのプロセス全体で12芯MTPコネクタは飛躍的に成長しています。ただし、スイッチ、サーバー、およびストレージの製造元が使用するモジュールが10Gイーサネットから40Gおよび100G、さらには400Gまで徐々に変化しているため、ベース8芯接続の必要性がますます明らかになっています。次の表は、さまざまな速度でのケーブル接続の違いを示しています。

ソリューション リーチ 40G 100G 400G
デュプレックスOM3/4 100-150 m BiDi WDM (UNIV) BiDi WDM 未定
パラレルOM3/4 100-150 m SR4/eSR4 4x10G Gen1: SR10 10x10G; Gen2: SR4 4x25G

Gen1: SR16 16x25G; Gen2: SR8 8x50G; Gen3: SR4 4x100G

デュプレックスシングルモード 2-10 km LR4 (10 km); LRL4 (2 km) LR4 (10 km); CWDM4 (2 km) WDM(10 km); WDM (2 km)
パラレルシングルモード 300-1,000 m PLR4 PSM4 PSM4 4x100G(WDM経由の100G、シンボルレート、エンコーディング)

上記の内容から、以下の2つの主要な側面から、ベース12芯とベース8芯のどちらを選択するかを決定することができます。

ファイバ使用率

高密度ネットワークケーブルでは、ベース12芯の方がコアが多く、密度が高いため、ベース12芯の方が有利です。ただし、ベース8芯 MTPケーブルの方がベース12芯 MTPケーブルよりもファイバ使用率が高いことは明らかです。ほとんどのデータセンターオペレーターにとって、ベース12芯 MPOケーブルは依然として最も一般的な選択肢ですが、12芯をすべて使用する標準化されたモジュールはまだありません。多くの一般的なモジュール(たとえば、SR4モジュール)は、8芯インターフェイスのみを使用します。ベース8芯 MTPリンクを使用すると、ファイバを無駄にすることなく、これらのモジュールに直接接続できます。12芯コネクタをモジュールに使用して、8芯しか必要としない場合、それは4芯が未使用であることを意味します。すべてのファイバを利用するために、変換ケーブルを使用してベース12芯ケーブルをベース8芯ケーブルに変換することを検討できます(たとえば、ベース12芯が2つからベース8芯が3つへ)。ただし、それは追加の挿入損失が発生し、ケーブルのパフォーマンスが低下するにします。

さらに、MTP- LCデュプレックスブレイクアウトハーネスを使用してスイッチラインカードに接続すると、ベース8芯ハーネスはすべての共通ポートカウントラインカードに簡単にルーティングされます。これは、すべての共通ラインカードに、4で割り切れるポートの数がすべて含まれているためです( ベース8芯ハーネスは4つのLCデュプレックス接続を提供するため)。ベース12芯 MTP-LCデュプレックスブレイクアウトハーネスを使用する場合、6つのLC二重接続が得られます。ただし、6は16または32で完全に割り切れないため、これらのハーネスケーブルは16または32ポートのラインカードに完全に接続できません。

したがって、ベース8芯 MTPケーブルは、ファイバ使用率のより良い選択です。もちろん、ファイバを無駄にしてもかまわない場合は、ベース12芯 MTPケーブルを選択することもできます。

将来のケーブルシステム

ベース12芯とベース8芯の両方のMTPケーブルは、10G接続などの比較的小規模なネットワークでシームレスにベース2芯ケーブルに変換できます。そのような状況下では、どちら使用しても可能です。ただし、40G、100G、または400G接続などのより大きなネットワークでは、8芯モジュールを使用してより多くの40Gおよび100G回路が展開されるため、ベース8芯ソリューションはより広く市場に受け入れられます。そのため、400G QSFP-DDモジュールとMTP-16トランクケーブルを使用する400G直接接続を行います。さらに、単一の24芯MPOが3つの8芯MPOに分割できるため、8芯ケーブルは24芯ケーブルとシームレスに使用できます。40Gまたは100Gへのアップグレードは将来的にはるかに簡単で費用対効果が高くなるため、現在10Gデータレートを展開しているお客様はベース8芯システムを展開できます。一方、ベース12芯接続は8芯モジュールシステムには最適ではありません。

ベース8芯とベース12芯のMTPケーブルシステムに関するFAQ

Q:ベース8芯とベース12芯を一緒に直接使用できますか?

A:ベース8芯接続とベース12芯接続のコンポーネントを直接混在させること、またはベース8芯トランクを12芯モジュールに接続することはできません。ベース12芯トランクケーブルは通常、両端にピン留めされていないMTPコネクタがあり、ピン留めされた12芯ブレークアウトモジュールを使用する必要があります。一方、ベース8芯トランクケーブルは両端にピン留めされたMTPコネクタがあります。

Q:ベース8芯とベース12芯のケーブルを同じデータセンターで使用できますか?

A:リンクが分離している限り、ベース8芯とベース12芯の両方の接続を同じデータセンター内に展開できます。