キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/cwdm-sfp-wavelength.jpg

CWDM SFPとDWDM SFP:どちらを選択しますか?

Worton

翻訳者 ともや
2018年10月15日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

CWDM SFPとDWDM SFP:どちらを選択しますか?

SFP(Small Form-Factor Pluggable)は、マルチソースアグリーメント(MSA)規格、1―2.5ギガビットイーサネット、ファイバチャネル、およびその他の通信規格を満たすように設計されており、ネットワーク機器の互換性を保証します。市場のSFPモジュールにはラベルの色矢印と色分けされたベールクラスプでカラフルなマーキングが付いています。そのほとんどはCWDM SFPまたはDWDM SFPモジョールと呼ばれています。なぜ彼らはさまざまな色に設計されて知っていますか?CWDM SFPとDWDM SFP :どちらが適していますか?次のテキストは答えを提供します。

CWDM SFPモジョールとは何ですか?

CWDM SFPは、CWDM(粗波長分割多重)技術を利用する一種の光トランシーバです。従来のSFPモジュールと同様に、CWDM SFPは、スイッチまたはルータのSFPポートまたはスロットに接続し、ポートを光ファイバネットワークにリンクするホットスワップ可能な入出力デバイスです。CWDM SFPトランシーバモジュールは、機器を接続するためのSFPインターフェイスを使用し、光ネットワーク接続にデュアルLC/PCファイバコネクタインターフェイスを使用します。カラフルなCWDM SFPモジュールが以下に表示されます。

CWDM SFPモジョール

一般に、CWDM SFPは、1470 nm―1610 nmの範囲の8つの波長で提供されます。これらのCWDM SFPを使用する場合、ギガビットイーサネットチャネルがマッピングされる波長をより正確に識別するために、ラベルの色の矢印や色分けされたベールクラスプなどのデバイスのカラーマーキングを使用します。次の表に、CWDM SFPの波長とカラーコードを示します。

DWDM SFPモジョールとは何ですか?

DWDM SFPモジュールは、DWDM(高密度波長分割多重)光ネットワークの一部として使用され、光ファイバネットワーク全体に高容量の帯域幅を提供します。最大4.25Gb/sのシリアル光データ通信アプリケーション向けの、高性能でコスト効率の良いモジュールです。DWDMは、既存のファイバネットワークよりも帯域幅を増やすために、波長が密に詰め込まれた長距離伝送用に設計されています。国際電気通信連合(ITU)の100-GHz波長グリッドをサポートする32の固定波長DWDM SFPがあります。

CWDM SFPとDWDM SFP

チャネル—CWDM SFPは、チャネルとDWDMの間のより広い間隔を使用します。DWDM SFPは、1本のファイバでより多くの波長を使用できるように、より高密度のチャネル間隔を使用します。CWDM SFPは、シリカファイバの複数の送信ウィンドウにわたって最大16チャネルを提供します。DWDM SFPは、Cバンド(1530 nm―1565 nm)送信ウィンドウを使用しますが、より高密度のチャネル間隔を使用します。チャネル計画はさまざまですが、一般的なDWDMシステムでは、100 GHz間隔で40チャネル、50 GHz間隔で80チャネルを使用します。このように、DWDM SFPは、CWDM SFPよりも多くのチャネルを使用しています。

CWDM SFPモジョール

波長と距離:上記の記述から、1470nm、1490nm、1513nm、1530nm、1550nm、1570nm、1590nm、1610nmなどの8つの異なる波長のCWDM SFPが存在することは明らかです。 CWDMにはDWDMよりも広い間隔があります。CWDM SFPの最大伝送距離は120 kmです。 長距離伝送距離用に設計されたDWDMは、0.8/0.4nm(100GHz/50GHzグリッド)の狭い間隔で40,80、または160までの波長を伝送できます。その波長は1525nm―1565nm(Cバンド)、1570nm―1610nm(Lバンド)、最大伝送距離は200kmです。CWDMとDWDMの違いの詳細については、次のWebサイトを参照してください。WDMテクノロジーの基礎:CWDMとDWDM

コスト:CWDMはチャネル間でより広い間隔を使用するため、安価なSFPモジュールを使用できます。DWDMは、ファイバーネットワークのための究極のスケーラビリティとリーチを提供します。高速通信のための一種の性能向上剤であるエルビウムドープファイバ増幅器(EDFA)により、DWDMシステムは数千キロメートル以上の動作が可能です。最も一般的には、CWDM SFPは約45ドルですが、DWDM SFPは200ドルです。DWDM SFPの価格はCWDM SFPの約5倍です。

アプリケーション:CWDM SFPモジョールは、電気通信とデータ通信の両方のために光通信に広く使用されています。 同期光ネットワーク(SONET)、同期デジタル階層(SDH)、ギガビットイーサネット、およびファイバチャネルネットワーキング機器を使用したメトロアクセスリングおよびポイントツーポイントネットワークでの運用を目的として設計されています。 DWDM SFPは、DWDM SONET/SDH(FECありまたはなし)でも使用できますが、200 kmリンクなどの長距離伝送、80 kmリンクのイーサネットまたはファイバチャネルプロトコルトラフィックにも使用できます。

結論

CWDM SFPおよびDWDM SFPは、1―2.5 Gbit/sのイーサネットをサポートするために使用される2種類のSFPモジョールで、どちらも容量と品質が優れています。短距離伝送と節約のために、CWDM SFPが提案されています。長距離および高速のために、DWDM SFPは巨大な容量と優れたパフォーマンスで利用できます。要件に応じて適切なものを選択することができます。FS.COM WDM SFPは、データレート100 Mbps―4 Gbps、転送距離20―40 km、40―80 km、80―120 kmのマルチレートトランシーバを搭載したCisco WDM SFPに基づいています。マークされるさまざまな色を使用したオプションで顧客の要求をよりよく満たしています。すべてのWDM SFPモジュールは、IEEE802.3ギガビットイーサネット規格の要件を満たしています。


1.5k

おすすめのコンテンツ