キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/gigabit-ethernet-switch-vs-fast-ethernet-switch.jpg

違いは何ですか:ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチ

Worton

翻訳者 ともや
2019年4月26日 に投稿された



すべてのネットワークスイッチが同じように作成されるわけではありません。魅力的な機能セットを備えた非常に多数のイーサネットスイッチがありますが、これらのスイッチは1つの主な要因、伝送速度によって判断することができます。ファストイーサネットスイッチとギガビットイーサネットスイッチは10年以上前から存在しており、どちらもネットワークエッジで重要な役割を果たしています。それでは、ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチの違いは何ですか? どちらがより良い適していますか?まずギガビットイーサネットとファストイーサネットスイッチの基本原理を見ていきましょう。それから比較して実行可能な決定をするのをお手伝い致します。

ファストイーサネットスイッチ:それでもデスクトップスイッチとして使用可能

ファストイーサネットは、イーサネットの速度をさらに向上させるオリジナルイーサネットの更新版としても知られています。イーサネットの転送速度を10メガビット/秒(10Mbps)から100メガビット/秒(100Mbps)に押し上げました。ファストイーサネットスイッチは、毎秒100メガビットで動作可能な10/100プロトコルをサポートしています。通常、RJ45ポートを搭載したファストイーサネットスイッチは、Cat5ケーブルを介してPC、サーバー、ルーターなどを接続します。多くのファストイーサネットスイッチも高速アップリンクポートを備えており、銅線/光ファイバモジュールを使用して1Gbps以上をサポートするファイバまたはUTPケーブルを接続できます。

ギガビットイーサネットスイッチ:ネットワークの端にあるボトルネックを解決する

ギガビットイーサネットは、その前身であるファストイーサネットよりも10倍高速です。今日のインターネットサービスプロバイダの高速ニーズに対応するように設計されています。したがって、ギガビットイーサネットスイッチとは、ギガビットイーサネット速度で動作する種類のイーサネットスイッチを指します。つまり、理論的には1ギガビット/秒(Gbps)(1000Mbps)までです。また、従来の10/100規格との下位互換性もあります。通常、複数のRJ45インターフェイスまたはSFPスロット、あるいはその両方で構築されているギガビットイーサネットスイッチは、ツイストペア銅ケーブル(具体的には1000BASE-Tケーブル規格に準拠するcat5eおよびcat6ケーブル)、および対応するSFP光トランシーバでうまく機能します。一般的に、一部のギガビットイーサネットスイッチには、より高速の10GBスイッチをアップリンクするための10G SFP+ポートがいくつかあります。

ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチの違いは何ですか?

転送速度の大幅な向上とパフォーマンスの向上を除けば、ギガビットイーサネットスイッチはファストイーサネットスイッチと次の点で異なります。

コスト:IDCによると、ギガビットイーサネットポートはファストイーサネットスイッチと比較してポートあたりの価格の4倍のコストがかかります。ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチの価格差が、ネットワークエンジニアのアップグレードの決定に影響を与える最も重要な要素になる可能性があります。

gigabit switch

機能セット:ギガビットスイッチは通常、最新のネットワーク管理機能を使用して構築されているため、ネットワーク管理者は特定のアプリケーションにQoSおよびセキュリティポリシーを割り当てることができます。これらの高度な機能は、サービスレベル契約を保証し、セキュリティを強化するのに役立ちます。同様の管理およびセキュリティ機能を備えたファストイーサネットスイッチは、ギガビットイーサネットスイッチと比較して価格ギャップを狭めるために、しばしばプレミアムを要求します。

電源規格:オリジナルのPoE技術は、無線アクセスポイントやその他のIP対応機器に12.94ワットを供給します。これは、新しい機器の電力要件を満たすことができません。最新のギガビットスイッチは、30ワットの電力を供給する拡張PoE+規格をサポートしています。それでも、ベンダーは既存のファストイーサネットスイッチを新しい電力規格に更新していません。

消費電力:より広い帯域幅とより堅牢な管理を提供することを除けば、ギガビットイーサネットスイッチはファストイーサネットスイッチよりもエネルギー効率が高くなります。企業は、ネットワークエッジにギガビットイーサネットスイッチを導入することで消費電力を削減できます。

将来の成長:ネットワークエッジのギガビットスイッチは、近日のコンバージェンスや次のテクノロジの更新に備えてローカルエリアネットワークを準備するかもしれません。

ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチ:どのように選択するか?

ギガビットスイッチのコストは劇的に下がったので、一般のユーザーでも自宅や中小企業で購入することができます。それでもギガビットイーサネットとファストイーサネットスイッチの間の選択を慎重に検討する必要があります。確かに、ギガビットスイッチに移行するには、速度とパフォーマンスの点で明らかな利点があるため、多くの理由があります。同時に、あらゆる種類のビジネスがそのスピードを必要とするわけではありません。インターネットトラフィックを100Mbps以上に拡張することだけを計画している場合、または電子メール、インスタントメッセージング、Web閲覧などのリソースをあまり必要としない作業にインターネットを使用するだけの場合は、ギガビットスイッチにアップグレードするのに十分なメリットがありません。代わりに、1つ以上のギガビットアップリンクを持つファストイーサネットスイッチも妥当であることがわかります。

 サーバーでファイルをホストしたり、オンラインゲームをしたりするなど、ネットワークを多用する他の作業を実行する必要がある場合は、ギガビットスイッチを使用するとよいでしょう。さらに、同じネットワークデバイスにアクセスする複数のユーザーがいる、または電力にPoE+を必要とするデバイスを追加する必要がある中規模から大規模の企業では、エッジをより効率的にするためにエッジをギガビットにアップグレードすることを検討します。ギガビットスイッチは、さまざまなケーブル接続のニーズを満たすために、8ポートギガビットスイッチ、16ポートギガビットスイッチ、24ポートギガビットスイッチなど、さまざまなポート構成で提供されています。

結論

ギガビットスイッチとファストイーサネットスイッチについては基本的なことは説明しましたが、どのルートを使用するかは完全にあなた次第です。ギガビットスイッチがいつ利点を提供できるのか、またいつ得られないのかを理解することが重要です。先に進む前に、要因を慎重に秤量してください。FSはプロフェッショナルなソリューションとネットワークスイッチの製品ラインの完全なセットを提供しています。詳細については、sales@fs.comまでご連絡ください。


9.4k

おすすめのコンテンツ