https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

40/100Gにベース24芯 MTP/MPOケーブルを適用する方法について

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-4-1.jpg

Charlene

翻訳者 ともや
2020年3月3日 に投稿された
2020-08-08 15:43:57
125

10Gが大企業で一般的に使用されているため、より広い帯域幅の要求を満たすために、10Gから40Gまで、100Gへの移行が進行中です。このような状況では、ベース24芯MTPケーブルが重要な役割を果たします。それでは、ベース24芯MTPケーブルとは何ですか?40G/100Gで24芯MPOケーブルを適用する方法は何ですか?この記事で詳しくご案内いたします。

ベース24芯MTPケーブルとは何ですか?

ベース24芯MTP/MPOケーブルは、24芯MTP光ファイバコネクタまたは24芯の増分に基づく光ファイバリンクに基づくケーブルソリューションです。ベース24芯システムでは、各ベース24コネクタまたはMTP-24コネクタは24本のファイバを提供し、3つのMTP-8コネクタまたは2つのMTP-12コネクタに比べて密度を高めます。5.jpg

40G/100Gでベース24芯MTPケーブルを適用する方法は何ですか?

より高度なアプリケーションにより、ネットワークのニーズが10Gから40Gまたは100Gに増加しているため、従来のベース2芯ケーブルシステムはある程度ベース24芯MTPケーブルに変換する傾向があります。2芯デュプレックスLCポートは単一のMTPポートと同じスペースを取ります。MTPポートにはMTP-24コネクタを介して最大24のファイバに対応できるため、はるかに高い接続密度を提供します。MTP-24コネクタを使用すると、40G/100Gアプリケーションでさまざまなベース24芯MTPケーブルソリューションを利用できます。次に、4つの典型的なベース24芯MTPケーブルソリューションを示します。

ソリューション1:MTP相互接続を備えたMTP-24デュプレックスアプリケーション

次の図に示すように、MTP-24トランクケーブルは24芯MPO-LCカセットモジュールに接続でき、ベース24芯接続からベース2芯接続への変換を実現します。極性Bのトランクケーブルは、MTP-8およびMTP-12と同様の方法でポートの極性を管理します。このようなMTP-24トランクを使用すると、MTP-8およびMTP-12トランクよりもそれぞれ2倍および3倍のポート密度が得られます。さらに、MTP-24サブユニットを使用する144芯トランクケーブルは、MTP-12に比べて占有面積が約30%少ないため、高密度アプリケーションでMTP-24トランクの人気が高まっています。

6.jpg

ソリューション2:LCクロス接続を使用したMTP-24デュプレックスアプリケーション

MTPクロス接続を備えたMTP-24デュプレックスアプリケーションとは異なり、このベース24芯ケーブルソリューションは中央に2つの追加のLC-LC接続を使用するため、追加のMTP-24トランクケーブルがない場合にネットワークの柔軟性が向上します。この設計は、デュプレックスLCをサポートする為、光ファイバでデュプレックスおよびパラレル構成を提供します。

7.jpg

ソリューション3:変換ケーブルを使用したMTP-24接続

実際、ソリューション1のMTP-LCデュプレックスモジュールは、次の図に示すように変換ケーブルに置き換えることができます。この変更により、パネルの接続密度が大幅に増加します。この新しいソリューションでは、12ポートデュプレックスLCモジュール(またはMTP-24から12x LCデュプレックスMTPカセット)を、8つのMTPポートを収容するアダプターと交換できます。したがって、8つのMTP-24コネクタ/トランクは、同じモジュールスペースで合計192芯をサポートできます。同じモジュールスペースのMTP-8ポートと比較すると、MTP-24ソリューションのパネル密度はQSFPアプリケーションの3倍です。

8.jpg

ソリューション4:パラレルアプリケーションでのMTP-24 MTPケーブル接続

MTP-8またはMTP-12システムと比較して、MTP-24システムはより広い範囲の並列アプリケーションもサポートできます。たとえば、MTP-24は、10x10G構成で10ペアのMMFを介して100G SR-10アプリケーションに直接接続を提供します。一部のベンダーが100G SR-10アプリケーションを12G 10Gを超える120Gに拡張している場合でも、ベース24芯MTPケーブルは問題なく処理できます。

9.jpg

120Gパラレルアプリケーションでは、120GポートはMTP-24から12のデュプレックスLCハーネスケーブルを介してサーバー接続用の12個の個別の10Gリンクとして構成できます。また、ネットワークスイッチ接続用に3つの40Gリンクに分割できます。これらのアプリケーションは、MTP-24トランクとMTP-24ハーネスまたはブレークアウトで最適にサポートされます。

10.jpg

結論

要約すると、MTP-24コネクタを使用したベース24芯MTP/MPOケーブルは、パラレルおよびデュプレックスの両方の光ファイバアプリケーションを展開するためのおそらく最も費用効果の高いソリューションです。MTP-24コネクタは、3つのMTP-8コネクターまたは2つのMTP-12コネクターと比較して、より高いファイバ密度を提供し、MTPシステムの設置に関するクリーニングおよび検査の時間を短縮します。