https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201912/13/22-how-to-convert-qsfp-to-sfp-7.jpg

QSFP+ポートからSFP+ポートに変換する方法

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-20-10.jpg

Sheldon

翻訳者 ともや
2019年12月13日 に投稿された
2020-09-20 02:30:28
608

40Gイーサネットの登場に伴い、多くのエンタープライズユーザーは、現在の10Gネットワークインフラストラクチャをフルに活用して、ネットワークを40Gネットワークに移行する方法を検討する必要があります。具体的には、QSFP+ポートを備えた新しい40Gスイッチを追加する場合、SFP+ポートを備えた既存の10GbEデバイス(スイッチやサーバーなど)に直接接続する方法を考慮する必要があります。この記事では、ポートをQSFP+からSFP+に直接変換するために広く使用されている3つの移行ソリューションが参照用に共有されます。

QSFP+ポートからSFP+ポートへ:QSFP+ブレークアウトケーブル

QSFP+ポートをSFP+ポートに直接に変換する最初の方法は、QSFP+ブレイクアウトケーブルを使用することです。QSFP+ブレークアウトケーブルは、DAC(ダイレクトアタッチ銅製Twinaxケーブル)およびAOC(アクティブオプティカルケーブル)タイプで使用できるようになりました。ほとんどの場合、これら2種類のケーブルは事前終端です。一端にQSFP+モジュールがあり、もう一端に4つのSFP+モジュールがあります。それは QSFP+からSFP+へのブレークアウトケーブルとして呼ばれています。さらに、もう1つのAOCブレークアウトケーブル、すなわちQSFP+から4xデュプレックスLC AOCケーブルには、一端にQSFP+があり、もう一端にデュプレックスLCファイバーケーブルがあります。追加のSFP+モジュールと共に使用すると、QSFP+ポートからSFP+ポートに変換できます。

どのタイプを選択しても、これらのQSFP+ブレイクアウトケーブルはすべて、40G接続を4x10Gチャネルに分割できます(次の図のように)。それと同時に、それらのケーブルを使用して、一端のQSFP+スイッチともう一端のSFP+ポートを備えた複数の10Gデバイス(最大4pcs)に同時に接続できます 。

01.jpg

Figure1:QSFP+ to SFP+ Port by QSFP+ Breakout Cables

QSFP+ポートからSFP+ポートへ:MTP/MPOからLCブレークアウトケーブル

QSFP+ポートをSFP+ポートに変換する2番目の方法は、MTP/MPOからLCブレークアウトケーブルを使用することです。このソリューションは前のソリューションと似ていますが、各端でモジュールが事前に接続されていません。一方の側にMTP/MPOコネクタがある場合、MPO/MTP 8芯アセンブリには、多くの場合、反対側に4つのLCデュプレックスコネクタが装備されています。40Gから10Gへの変換を実現するには、MTP/MPOインターフェースを備えた1つの QSFP+モジュールと、各MTP/MPOからLCブレークアウトケーブル用のデュプレックスLCインターフェースを備えた4つのSFP+モジュールを追加する必要があります。以下の図に示すように、ケーブルを対応する10Gまたは40Gモジュールに接続し、これらのモジュールをQSFP+ポートまたはSFP+ポートに挿入するだけです。

02.jpg

Figure 2:QSFP+ to SFP+ Port by MTP/MPO to LC Breakout Cable

QSFP+ポートからSFP+ポートへ:CVR-QSFP-SFP10G QSAアダプタ

QSFP+をSFP+ポートに直接変換するもう1つの方法は、10GタイプのQSA(クアッドスモールフォームファクタープラガブルアダプタ): CVR-QSFP-SFP10Gを使用することです。背面にSFP+モジュール用ケージを備えたQSFP+フォームファクターが組み込まれているこのQSFP+からSFP+へのアダプターは、40G QSFP+ポートと10G SFP+ポートを使用するデバイス間のスムーズな接続を可能にします。10G接続を行うには、SFP+モジュールをQSFP+からSFP+へのアダプターに挿入し、このCVR-QSFP-SFP10GアダプターをQSFP+ポートに接続します。その接続では、QSFP+からSFP+へのアダプタは、SFP+モジュールのインターフェースとして機能します。

03.jpg

Figure 3:QSFP+ to SFP+ Port by CVR-QSFP-SFP10G QSA Adapter

QSFP+ポートからSFP+ポートへの選択方法

これまで、ポートをQSFP+ポートからSFP+ポートに変換する3つの直接的な方法を検討してきました。ただし、データセンターまたはその他の高密度ケーブルでは、ネットワークの移行は複雑なプロセスです。場合によっては、相互接続も使用する必要があります。しかし、これらの方法を選択する方法は、次の要因を考慮することができます。

伝送距離

QSFP+ポートをSFP+ポートに移行するには、伝送距離を事前に確認する必要があります。それに基づいて、どのタイプのモジュールと接続を使用するかを決められます。通常、図4のような40G MTP/MPOトランクケーブルと8芯ケーブルアセンブリを組み合わせて使用する相互接続タイプは、長距離伝送に適しています。直接接続でも、QSFP+から4xSFP+ AOC/DACケーブルまでの短い距離は、他の2つのタイプに比べて制限されています。

04.jpg

Figure 4:QSFP+ to SFP+ Port by Inter-Connect Connectivity

伝送メディア

光ファイバケーブルはますます普及していますが、場合によっては40Gから10Gへの伝送に銅ケーブルが依然として使用されています。独自の機能により、銅線ケーブルは数メートル以内の短距離伝送にのみ使用できます。銅ケーブルは光ケーブルよりもはるかに安価であるため、DAC QSFP+ブレークアウトケーブルのようなQSFP+からSFP+ポートへの銅線ソリューションは、短距離伝送で選択できます。

密度

高密度ネットワークでは、40G-10G接続を実現するために、数百または数千のQSFP+ポートとSFP+ポートが必要になることがあります。QSFP+ブレークアウトケーブルなどのケーブルアセンブリは、QSFP+からSFP+ QSAアダプターや他の相互接続方法よりも、事前に終端処理されたモジュールを備えているため、スペースを節約し、ネットワークメンテナンスを簡素化します。

コスト

最後に述べるが決して軽んずべきでないものであるが、全体のコストは、QSFP+をSFP+ポートに変換する方法を選択するための最も重要な要素の1つです。最も費用効果の高いソリューションを選択するには、上記のすべての要素を考慮する必要があります。たとえば、40Gから10Gへの接続が7メートル以内の短い距離で行われる場合、40G QSFP+から4x10G SFP+ DACケーブル、および事前に終端処理されたQSFP+モジュールと4つのSFP+モジュールが最も経済的なソリューションです。

結論

ネットワーク速度の高速化の傾向により、企業ネットワークとデータセンターではマルチスピードが共存するのが通常の状態になります。QSFP+からSFP+ポートへの変換など、低速ポートと高速ポートを接続するためのソリューションを把握することは、ネットワークパフォーマンスの向上にとって非常に重要です。