キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターの選択方法

Migelle

翻訳者 ともや
2020年1月6日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

現在、ファイバーメディアコンバーターは、銅線ケーブルやファイバーケーブルなど、2種類のケーブルタイプを接続するために広く使用されているデバイスです。一般に、メディアコンバーター は、マネージメディアコンバーターとアンマネージメディアコンバーターという2つの基本的なカテゴリに分類できます。マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターのどちらを選択するのですか?ここでは、マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターの参照を分析します。

マネージドメディアコンバーターとは

マネージドメディアコンバーターは、キャリアグレードのネットワーク管理をサポートします。これは、ミッションクリティカルな完全に管理されたネットワークまたは広い領域に分散したネットワークにとって非常に重要で、効率的な制御と保守を可能にします。追加のネットワーク監視、障害検出、およびリモート構成機能を提供する機能があり、知的財産や財務データの管理に使用されるLANにセキュリティレイヤーを追加できるマネージドスイッチと組み合わせて使用されます。これらのコンバーターは、シンプルなネットワーク管理Webインターフェースを介して簡単に導入したり、シャーシにロードしたりできます。

managed-media-converter.jpg

図1:スタンドアロンメディアコンバーター

アンマネージメディアコンバーターとは

アンマネージメディアコンバーターは、初心者にとって最も安価で便利なタイプです。プラグアンドプレイを備えており、デバイスがネットワーク内で自動的に通信できるようにするだけです。ただし、 アンマネージドメディアコンバーターは、マネージドメディアコンバーターと同じレベルの監視、障害検出、および構成を提供しません。つまり、ネットワークの問題が発生したときに、メディアコンバーターにアクセスして原因を正確に確認する方法はありません。ただし、このタイプのファイバーメディアコンバーターは通常、DIP(デュアルインラインパッケージ)スイッチ機能を備えており、これにより、デュプレックスモード、オートネゴシエーション、およびクロスオーバーの基本構成を実現できます。

unmanaged-media-converter.png

図2:アンマネージメディアコンバーター

マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターのどちらを使用するか

マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターには、それぞれ独自の機能があり、アプリケーション環境も異なります。

管理機能

通常、マネージドメディアコンバーターにはリモートWeb/SNMP(Simple Network Management Protocol)インターフェイスが装備されているため、ネットワーク管理者はコンバーター、伝送速度、デュプレックスモードを簡単に監視および設定できます。具体的には、リモート構成により、エッジ機器へのトリップが減少します。パフォーマンス監視は、潜在的な問題に関する警告を提供します。障害管理は、ネットワークの問題を予防的に監視し、ネットワークの障害をすばやく特定します。直感的なソフトウェアインターフェイスにより、複雑なネットワークとサービスのプロビジョニングが簡素化されます。

アンマネージメディアコンバーターに関しては、最も重要な機能は上記のDIPスイッチです。DIPは、デバイスの動作モードを変更するために使用されます。前述の基本構成に加えて、DIPスイッチを備えたアンマネージドメディアコンバーターは、リモート障害表示、障害伝播、ループバックモードなどの他のネットワーク機能も構成できます。

セキュリティ

マネージドメディアコンバーターは、企業ネットワークで使用されるすべての認証、承認、アカウンティング(AAA)セキュリティサービスをサポートします。IDとパスワードをネットワーク内の誰かによる「スヌーピング」からさらに保護するために、管理されたメディアコンバーターは、Telnetをサポートすることにより、安全な管理セッションを提供します。ただし、管理されていないメディアコンバーターには非常に基本的なセキュリティがあり、監視および管理機能用のSNMPがないため、管理されたメディアコンバーターほどセキュリティは良くありません。これは、高いセキュリティを必要とする多くの大規模なデータセンターやエンタープライズネットワークでアンマネージドメディアコンバーターが回避される理由の一部です。

選択の提案

マネージドファイバーメディアコンバーターは、中規模から大規模のイーサネットメディアコンバーターの展開を必要とする複雑な環境に最も適しています。これらは、ミリ秒の応答時間を必要とするユーザー、またはネットワークをリモートで安全に管理およびトラブルシューティングするユーザーを対象としています。これにより、ネットワーク管理者は最適なネットワークパフォーマンスと信頼性を実現できます。これらの場所では、ネットワークのどのセグメントでも、データ、帯域幅、トラフィックを完全に制御する必要があります。

一方、アンマネージメディアコンバーターは、ほとんどの場合、ネットワークスパー、またはコンポーネントが少ない小規模なスタンドアロンネットワーク上のエッジデバイスを接続するために使用されます。これらは、ホームネットワークまたは小規模ビジネスネットワークのインストールを簡素化する必要があるすべてのネットワークに適しています。つまり、高度な機能とパフォーマンスにより、管理されたメディアコンバーターは、管理されていないメディアコンバーターよりも広く使用されています。ただし、特定の要求に基づいてそれらを選択する必要があります。

マネージドメディアコンバーター アンマネージメディアコンバーター
特徴 透過的なトランスポートと非常に低い遅延、SNMP、VLAN 固定構成-構成インターフェースやオプションはサポートされていません
機能 SNMPはネットワークのリモートトラブルシューティングを可能にし、ITUT規定のDWDM / CWDM波長をサポートし、ループバックテスト機能をサポート デフォルトのQoS設定やVLANなどの限られた構成でプラグアンドプレイ、自動ネゴシエーション機能は、10/100 / 1000Mを自動化するUTPポートをサポート
セキュリティ データプレーン、コントロールプレーン、および管理プレーンの保護を提供します 特別なセキュリティ設定はありません
アプリケーション データセンター、大規模エンタープライズネットワーク 小規模ビジネスネットワーク、家庭、研究室、会議室など
コスト より高価 より安価

表1:マネージドメディアコンバーターとアンマネージドメディアコンバーターの比較。

結論

マネージドメディアファイバーコンバーターは、アンマネージドメディアコンバーターよりもコストがかかりますが、ネットワークトラフィックをより適切に制御および監視する必要がある場合に検討することができます。ただし、小規模な企業やキャンパスを簡単に使用および管理できるようにしたい場合は、アンマネージメディアコンバーターで十分です。どのタイプを選択する場合でも、まず自分の要求を検討する必要があります。

682

おすすめのコンテンツ