キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの選択方法

Migelle

翻訳者 ともや
2020年1月6日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

銅線ベースのイーサネット伝送の距離制限はわずか100メートルであり、必然的に、より高い帯域幅とより長い伝送距離の需要の高まりを妨げます。メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーを使用することはどちらもこの課題に対処するための実行可能なソリューションですが、メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの違いと、メディアコンバーターまたはイーサネットエクステンダーを使用するタイミングは何ですか?

メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの概要

メディアコンバーターは、主に銅線からファイバへの変換、または伝送距離を伸ばして伝送品質を向上させるためのファイバからファイバへの接続に使用される費用対効果の高いデバイスです。ファイバメディアコンバーターは、従来の銅ケーブルシステムにファイバケーブルを追加します。これにより、元の設備の耐用年数が延長され、ネットワークのアップグレードに利用できる新しいテクノロジーとアプリケーションがもたらされます。

イーサネットエクステンダーはイーサネットをDSL(デジタルシミュレーション言語)に変換し、信号をイーサネットに戻します。これにより、同軸ケーブル、銅線、または主に展開されたCat 5e/6/7 などのシングルツイストペアを使用して、10/100/1000イーサネット接続を拡張できます。アラーム回路、T1/E1回路、RS-232、RS-422、RS-485、CCTV(閉回路テレビ)およびCATV(コミュニティアンテナテレビ)アプリケーション。新しいケーブルインフラストラクチャを設置する必要がなくなり、コストと時間を節約できます。

media-converter-vs-Ethernet-extender.jpg

図1:メディアコンバーターとイーサネットエクステンダー

メディアコンバータとイーサネットエクステンダーのどちらを選択するか

コンパクトなサイズと独立した電源により、 メディアコンバーター とイーサネットエクステンダーの両方を柔軟にインストールしてLANを拡張できます。ただし、メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの間にも明確な違いがあります。

メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーのパフォーマンス

彼らのパフォーマンスはかなり異なります。メディアコンバータは通常、光電変換の機能を実行します。銅線からファイバへの接続では、メディアコンバーターのペアを使用して、電気信号を光信号に、またはその逆に変換します。ファイバ間接続では、メディアコンバーターがマルチモードからシングルモードファイバへのブリッジ、デュアルファイバからシングルファイバへのブリッジ、または波長変換を実現します。イーサネットエクステンダーはイーサネットをDSLに変換し、同軸ケーブル、T1/E1、銅ケーブルを介して信号を電気フォーマットに戻します。そして、それらの伝送効率は、使用される物理メディアに大きく依存します。したがって、メディアコンバーターは10/100/1000Mbpsまたは10Gbpsまでサポートでき、最大160 kmのより長い伝送距離に到達できます。エクステンダーは通常、10/100/1000Mbpsのイーサネット速度をサポートし、SHDSLテクノロジーを使用した10/100Base-TXイーサネットデータを最大20 km送信したり、VDSLテクノロジーを使用して10/100/1000Base-Tイーサネットを最大3 km延長したりできます。

メディアコンバーターまたはイーサネットエクステンダーを使用する場合

メディアコンバーターは、企業、キャンパス、メトロイーサネットなど、ファイバと銅線間の接続を提供するために、あらゆる種類の産業やセクターで一般的に使用されています。次の図は、光ファイバメディアコンバーターの典型的なアプリケーションケースを示しています。これは、通信室のスイッチを、大規模施設の100mを超える場所にあるワークステーションに接続するために使用されます。イーサネットスイッチは、銅ケーブルを介してシャーシのメディアコンバータに接続されています。ワークステーションなどの各エンドデバイスは、UTP信号を光信号に変換するメディアコンバーターにもリンクされており、コンピュータールームに送り返されます。

Application-of-Media-Converter.jpg

図2:メディアコンバーターのアプリケーション。

また、LANを拡張するために独自の機能を使用しなければならない場合もあります。既存のツイストペア銅線または電話線が稼働している場合は、イーサネットエクステンダーのペアを使用するのが最適です。エクステンダーは、すでに設置されているあらゆる種類の銅線で動作し、ネットワークの設置に伴う労力とケーブル接続を大幅に削減します。次の図に示すように、イーサネットエクステンダーは、イーサネットをUTPに変換して本社を製造プラントA、B、Cにそれぞれ接続し、伝送距離を延長するために配置されます。

Application-of-Ethernet-Extender.jpg

図3:イーサネットエクステンダーのアプリケーション。

結論

メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの違いは、多くの点で異なります。2つのデバイスはどちらも既存のケーブルシステムを使用してLANを拡張するために使用できますが、メディアコンバーターは通常、ファイバケーブルを使用して光電変換を実行し、イーサネットエクステンダーはツイストペアまたは同軸ケーブルとともに電気信号とDSLを処理します。ファイバメディアコンバーターは、長距離ネットワークの拡張に最適なパフォーマンスを実現しますが、コストも非常に高くなります。したがって、実際の状況を考慮して、メディアコンバーターとイーサネットエクステンダーの間で実行可能な選択を行う必要があります。

1.4k

おすすめのコンテンツ