https://img-en.fs.com//community/uploads/post/201907/26/post_1564132175_DjzDMT4tYz.jpg

MTPとMPOケーブル:違いは何ですか?

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-6-3.jpg

Irving

翻訳者 ともや
2020年3月8日 に投稿された
2020-08-12 17:34:20
332

MTPとMPO光ファイバケーブルは、両端がMTP/MPOコネクタで付いているものです。低曲げ損失と工場研磨による低損失性能を持っているため、省スペースと革新ケーブル管理ソリューションを必要とする高密度環境に最適です。MTPとMPO光ケーブルの主な違いはコネクタですが、両方の本質的な違いは何ですか?この記事で答えを見つけましょう。

MTPとMPOケーブル:違いは何ですか?

MTPケーブルはMPOベースのインフラストラクチャと直接相互接続できますが、MTPとMPOは、コネクタタイプ、ピンクランプ、フローティングフェルール、ガイドピン、取り外し可能なハウジング、および性能において異なります。

コネクタの種類

MPO(Multi-Fiber Push-On)は、少なくとも8本の光ファイバのリボンケーブル用のコネクタです。1つのコネクタでマルチファイバ接続を提供し、高帯域幅および高密度の配線システムアプリケーションをサポートするように設計されています。そして、これはIEC 61754-7規格および米国TIA-604-5規格に準拠しています。現在、一般的にファイバ芯数は8、12、24、16、32であり、限られたアプリケーションでは48~72になる場合もあります。

MTP (Multi-Fiber Pull Off)コネクタは米国コネクタのブランド名であり、仕様を最適化にされたMPOコネクタのバージョンの一つです。したがって、MTPコネクタはすべての一般的なMPOコネクタと完全に互換性があり、他のMPOベースのインフラストラクチャと直接相互接続できます。ただし、一般的なMPOコネクタと比較して、MTPコネクタは、マルチエンジニアリング製品の拡張機能を持っているため、光学的および機械的性能を向上させることはできます。

ピンクランプ

MTPコネクタには金属製のピンクランプが付いているため、ピンをしっかり留め、コネクタを嵌合する際の不注意による破損を最小限に抑えることができます。一方、MPOコネクタには通常、低品質のプラスチック製ピンクリップが装備されていますので、ケーブルを絶えずに嵌合していると、ピンが簡単に破損する懸念があります。 

MTP Mental Pin Clamp MPO Plastic Pin Clamp.jpg

図1:MTPとMPOケーブルのピンクランプ

フローティングフェルール

MTPには、機械的性能を向上させるために使用されるフローティングフェルールがあります。 言い換えれば、MTPコネクタのフローティングフェルールは、内部に浮いて、負荷がかかった状態で対になったペアを物理的な接触を維持できます。ただし、な接触を維持できます

ガイドピン

シングルファイバコネクタとは異なり、マルチファイバコネクタ用のアダプターは大まかな位置合わせにのみ使用されます。したがって、2つのMTフェルールを嵌合する時、ガイドピンは正確な位置合わせに不可欠です。MTPおよびMPOコネクタで採用されているガイドピンも異なります。MTPコネクタは、公差のあるステンレス鋼の楕円形ガイドピンチップを使用して、ガイドピンの穴やフェルールの端面に落ちる可能性のある破片の量を減らします。ただし、MPOコネクタで採用されている面取り形状のガイドピンは、使用時に破片を多く生成します。

MTP Guide Pin MPO Guide Pin.jpg

図2:MTPとMPOのケーブルガイドピン

MTPケーブル用の取り外し可能なハウジング

MTPコネクタは取り外し可能なカバーを設計されているため、ユーザーはMTフェルールを再加工し再研磨することができ、性能テストも簡単で、組立後に現場でも極性を変更できます。さらに、MTP PROケーブルと呼ばれるMTPケーブルがあり、製品の完全性とパフォーマンスを確保しながら、現場で迅速かつ効果的にケーブルの性別と極性の再構成を可能にします。もしMTP/MPO PROケーブルの極性変更に関する内容を詳しく知りたい場合、 MTP PROケーブル用現場工具の使用説明書を参照してください。

MTP Cable Removable Housing.jpg

図3:MTPケーブルの取り外し可能なハウジング

パフォーマンス

MPOコネクタは、40G/100Gデータセンターのケーブル構造に適したネットワークアーキテクチャの国際標準として認識されています。ただし、MPOコネクタを使用すると、光損失、パケットのドロップなどの問題が発生する可能性があります。MTPコネクタの場合、オス側とメス側の正確な位置合わせが保証できる高いパフォーマンスを持っているため、高密度ケーブルシステムでデータを送信するときの挿入損失と反射減衰量を減らすことができます。

MTPとMPOケーブルに関するFAQ

Q:MTPエリートとは何ですか?

A:MTPエリートバージョンは、標準のMTP光ファイバケーブルと比較して挿入損失が低くなっています。 対になったペアの最大挿入損失に対して、マルチモードファイバーケーブルでは0.35db対0.6db、シングルモードファイバーケーブルでは0.35db対0.75dbです。

Q:MTPコネクタはMPOコネクタの一種ですか?

A:はい。MTPコネクタは、機械的および光学的性能を向上させるために設計された高性能MPOコネクタです。

高密度ケーブルシステムの場合、MTPとMPOケーブルのどちらを選択するのですか?

A:実際は、MTPとMPOの両方の光ファイバケーブルを高密度のケーブル構造に使用できますが、MTPケーブルはMPOケーブルの拡張バージョンであり、データセンターのケーブルアーキテクチャの光学的および機械的パフォーマンスを向上させることはできます。そして、これにより、ネットワークを変更またはアップグレードする自由度が増やしながら、性別や極性の変更を行うためにわざと専門のエンジニアを雇う必要もありません。