キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/07/post35-ospf-vs-bgp-difference-xdktpncocn.jpg

OSPFとBGP:動的ルーティング構成の違いを理解する

Moris

翻訳者 ともや
2018年8月15日 に投稿された


 OSPF(Open Shortest Path First)とBGP(Border Gateway Protocol)はどちらも、インターネット全体でルーティングを決定するルーティングプロトコルです。これらは、ネットワークルーターに互いに通信する方法を指示する一連のルールまたはアルゴリズムを表し、トラフィックを最適なパスにリダイレクトできます。OSPFとBGPの違いは何ですか?2つの間の選択方法は何ですか?


OSPFとBGP:違いは何ですか?

OSPFとBGPの主な違いは、OSPFがリンクステートルーティングを使用するドメイン内ルーティングプロトコルであり、ルーティング操作が自律システム内で実行されることです。一方、BGPはパスベクタルーティングを使用するドメイン間ルーティングプロトコルであり、ルーティング操作は2つの自律システム間で実行されます。


  • 構成:OSPFは簡単に構成できますが、BGP構成ははるかに複雑です。

  • 収束率:OSPFは収束(ルーターが最新のルーティング情報を共有および更新するのにかかる時間)をより速く達成できます。対照的に、BGPの収束速度は遅いです。

  • ネットワークトポロジまたは設計:OSPFは一種の階層型ネットワークトポロジまたは設計であり、BGPは一種のメッシュトポロジまたは設計です。

  • リソース要件:OSPFでは、メモリとCPUリソースを集中的に使用する必要があります。一方、BGPでは、ルーティングテーブルのサイズによって、必要なデバイスリソースが決まります。

  • スケール:BGPはOSPFよりも柔軟でスケーラブルであり、大規模ネットワークでも使用されます。

  • 優先パス:OSPFは最速ルートを決定するために使用されますが、BGPは最適パスの決定に重点を置きます。

  • プロトコル:OSPFでは、インターネットプロトコルが使用されます。BGPでは、伝送制御プロトコルが使用されます。

OSPFとBGPの違いをまとめたグラフ


OSPF BGP
ゲートウェイプロトコル 内部ゲートウェイプロトコル 外部ゲートウェイプロトコル
実装 簡単 繁雑
収束 速い 遅い
設計 階層ネットワークが可能 メッシュ
デバイスリソースの必要性 大量のメモリとCPU ルーティングテーブルのサイズに依存しますが、BGPではスケーリングが優れています。
ネットワークのサイズ 一元的に管理できる主に小規模なネットワークで使用されます。 主にインターネットなどの大規模ネットワークで使用されます。
機能 最速ルートが最短ルートよりも優先されます。 データグラムの最適なパスが決定されます。
使用されるアルゴリズム ダイクストラアルゴリズム 最適パスアルゴリズム
プロトコル IP TCP

OSPFとBGP:選択方法について

サイト、会社、またはキャンパス内のルーティングなどの内部ルーティングを行う場合は、OSPFを使用する必要があります。

BGPは通常、パブリックインターネットにルーティングするサイトエッジで必要です。複数の家のある現場での建築を検討している場合は、BGPを検討することをお勧めします。さらに、エンタープライズネットワークの場合、ルーティングプロトコルとしてOSPFを選択します。

OSPFは、開発され成熟したプロトコルとして、大多数のネットワークベンダーによってサポートされています。サービスプロバイダーとして、BGPを採用して顧客のルートを伝送します。一般に、ほとんどのサービスプロバイダーはIGPを使用してインフラストラクチャIPを伝送し、BGPを使用して顧客ルートを伝送します。

8.3k

おすすめのコンテンツ