キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/singlemode-os2-os1.jpg

シングルモードファイバOS1とOS2:それぞれの特徴・違い・選び方について

Worton

翻訳者 ともや
2018年12月18日 に投稿された


 われわれがよく知っているように、マルチモードファイバは、通常、OM1、OM2、OM3、OM4、OM5ファイバタイプに分類されます。それではシングルモードファイバケーブルはどうですか?一般に、シングルモードファイバケーブルは、OS1ファイバとOS2ファイバとに分類されます。OS1およびOS2は、ケーブル接続されたシングルモード光ファイバ仕様です。実際、OS1とOS2のシングルモードファイバの間には多くの違いがあります。このテキストは、OS1とOS2の比較を行い、アプリケーションに適した光ファイバケーブルを選択する方法についてのガイドを提供します。

シングルモードファイバとは何ですか?

 光ファイバ技術では、シングルモードファイバ(SMF)またはモノモードファイバは、一度に伝搬するキャリアとして単一光線またはモードの光を伝送するように設計された光ファイバです。一般に、シングルモードケーブルは、1310nmと1550nmの波長で伝搬することができ、8-10μm(マイクロメートル)の狭いコア直径を有します。小さな単一モードのファイバコアサイズと単一の光プッシュは、光パルスが重複することによって発生する可能性のある歪みを実質的に排除します。したがって、シングルモード光ファイバケーブルは、あらゆる光ファイバケーブルタイプの信号減衰が最小で、最高の伝送速度を提供します。これらの理由から、シングルモード光ファイバは遠距離でデータを伝送するのに最適です。

仕様 OS1 OS2
規格 ITU-T G.652A/B/C/D ITU-T G.652C/D
ケーブルの建設 タイトバッファ ルーズチューブ
アプリケーション 屋内 屋外
最大減衰量 1.0dB/km 0.4dB/km
距離 10 km 200 km
値段 安い 高い

シングルモードファイバOS1とOS2どこに違いがありますか?

規格・仕様

 シングルモードファイバは、ケーブルSMFファイバ仕様であるOS1とOS2に分類できます。OS1シングルモードファイバは、ITU-T G.652A規格またはITU-T G.652B規格に準拠しています。また、ITU-T G.652CとG.652Dで定義された低水ピーク繊維もOS1シングルモードファイバに含まれています。つまり、OS1はITU-T G.652の仕様に準拠しています。しかし、OS2シングルモードファイバは、ITU-T G.652CまたはITU-T G.652D標準にのみ準拠しています。つまり、OS2は、低水ピークファイバに明示的に適用されます。これらの低水ピーク繊維は、通常、CWDM(粗波長分割多重)用途に使用されます。

減衰量

 規格に加えて、OS1とOS2のシングルモードファイバの主な違いは、ケーブルの構成です。OS1ファイバは、最大距離が10 kmの屋内アプリケーション(キャンパスやデータセンターなど)で使用するために設計され、きつく緩衝されたケーブルです。OS2ファイバは、最大距離が200kmまでの屋外の場合(路上、地下、埋葬など)に使用するために設計された緩いチューブケーブルです。 OS1屋内ファイバは、OS2屋外ファイバーよりも1キロメートル当たりの損失が大きいです。一般に、OS1の最大減衰量は1.0db/kmであり、OS2の最大減衰量は0.4db/kmです。OS1とOS2の両方の光ファイバケーブルは、ギガビットから10Gイーサネットまでの距離を可能にします。また、OS2ファイバーは40Gと100Gイーサネットをサポートできます。OS1はOS2よりもはるかに安いです。OS1とOS2の違いを次の表に示します。

 OS1とOS2のシングルモードファイバケーブルの違いについて知りたい場合、どのケーブルを選択する必要がありますか?まず、屋内アプリケーションに使用したい場合は、OS1が優れています。ただし、屋外で使用する場合は、OS2を選択する必要があります。第2に、OS2ケーブルを2km以下で使用すると得られる利点はありません。OS2は2km以上の距離に最適です。最後に、OS1はOS2よりもはるかに安いことに注意してください。コストを節約するために、OS1がアプリケーションに十分であれば、OS2を使用する必要はありません。FS.COMは、最適な選択になるOS1とOS2のシングルモードファイバケーブルとあらゆる種類のマルチモードファイバケーブルを提供します。


13.6k

おすすめのコンテンツ