日本語

IP防犯カメラの有線接続方法:PoEスイッチの導入

Updated on 7月 12, 2022
1.9k

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

PoEスイッチは、Cat5、Cat5e、Cat6などのネットワークケーブルを通じて、PoE対応IPカメラカメラ(ネットワークカメラ)システムに電源およびデータ接続を提供します。今、ビジネスや日常生活では、業界や場所を問わず、IPカメラにPoEスイッチを使用して、人やビジネスの安全を確保することは非常に人気があります。通常、IPカメラシステムによって、導入されたPoEスイッチも異なります。


目次

ネットワークカメラシステムにPoEスイッチを使用する理由

ネットワークカメラシステムとPoEスイッチの接続手順

ネットワークカメラシステム用のPoEスイッチの導入

 

IPカメラシステムにPoEスイッチを使用する理由

PoE技術を採用する場合、より高価なPoEスイッチを購入する必要はないと考えているユーザーもいます。PoEインジェクタは、IPカメラ(ネットワークカメラ)に電力を供給したり、より多くのスペースを節約したりすることもできます。しかし、防犯カメラなど多数のデバイスを相互に接続する必要がある場合はより多くのポートを備えたPoEスイッチのほうが最適です。さらに、PoEスイッチはPoE ネットワークカメラシステムに多くのメリットをもたらします。

長距離転送

PoEスイッチに接続されているため、IPカメラ(ネットワークカメラ)は、どこにでも、遠隔地にも設置できます。Cat5eケーブル1本で、PoE IPカメラの距離は最大100mになります。より長い運転が必要な場合は、LANケーブル通信を延長できるPoE対応装置(例えば、PoEリピーター、PoEインジェクタ)が必要な場合があります。

高出力対応

PoEスイッチは、IPカメラシステムのデバイスに電力を供給できます。さらに、標準のPoEスイッチが提供する平均15.4Wと比べて、より多くの電力を供給するPoE +スイッチは、Cat6ケーブル(製品詳細)を通じて最大30Wを送信できます。その結果、PoEシリーズスイッチは、電力を大量に消費するIPカメラシステムの要求を満たすことができます。

停電に対する回復力

通常、すべてのIPカメラは単一の電源(PoEスイッチ)から給電されます。したがって、PoEスイッチにセントラルUPS(無停電電源装置)を取り付けることで、停電時に監視を継続できます。

容易な管理と低コスト

PoEスイッチにより、各カメラをIPカメラ(ネットワークカメラ)システムの任意の場所からリモートで制御できます。マネージドPoEスイッチ(L2+スマートマネージド)は、GUI(「Graphical User Interface(グラフィカルユーザーインターフェース)」の略語で、グラフィックベースでコンピューターを操作できるインターフェースのこと)を使用して、ネットワークとそれに接続されているデバイスのトポロジビューを提供できます。これにより、システムがダウンする場合、トラブルシューティングに役に立ちます。 例えば、防犯カメラが故障した際に、PoEスイッチの各ポートはユーザーに自動的にアラートを送信することができます。ログインした後、ユーザーはトポロジービューを使用して壊れた防犯カメラを特定して、再起動できます。再起動できない場合、ユーザーは技術者を派遣してすぐに修理します。これにより、全体的なダウンタイムを最小限に抑えてコストと余分な労力を節約できます。

 

IPカメラシステムとPoEスイッチの接続手順

IPカメラシステムは、PoEスイッチ、IPカメラ(製品詳細)、ネットワークビデオレコーダー(NVR)、Cat5eまたはCa6ケーブルで構成されることがよくあります。そのうち、PoEスイッチは、データを送信して他のデバイスに電力を供給することもできます。

PoE Switch in IP Camera Systems

上記の写真のように、8ポートPoEスイッチの一般的なアプリケーションを示しています。8ポートPoEスイッチには、8ギガビットイーサネットRJ45ポートと2つのSFPポートが装備されていることがよくあります。RJ45ポートはIPカメラとNVRとの接続に使用され、SFPポートはLAN / WANネットワークに接続されます。

接続手順

イーサネットケーブル(cat5eまたはcat6)を使用して、ルータを8ポートPoEスイッチのLANポートに接続します。

電源ケーブルをPoEスイッチとコンセントまたはサージプロテクタに接続します。 イーサネット延長ケーブルを使用して、PoEスイッチのポート1〜8にIPカメラを接続します。

NVRにカメラを追加してカメラを表示し、録画を有効にします。長距離が必要な場合は、ルータをインターネットに接続します。

 

IPカメラシステム用のPoEスイッチの導入

日常生活において、IP監視カメラシステムは、家庭、オフィス、工場または公共エリアの人々の安全を保護する上で重要な役割を果たし続けます。PoEスイッチと防犯カメラの組み合わせは、さまざまな状況で理想的なソリューションを提供できます。

家庭向けIP監視カメラシステム用PoEスイッチ

多くの人が財産の保護と安全のために、自宅にIP監視カメラシステムを配置する必要があります。PoE対応IPカメラを導入するのが最適の選択かもしれません。多数の防犯カメラを設置したり、空間を節約したりして、IP監視カメラシステム管理もユーザーにとって簡単です。IP監視カメラシステムの開発に伴い、よりインテリジェントなIP監視カメラが家庭用IPセキュリティシステムで使用されます。ホームセキュリティのためのネットワーク監視カメラを設置する詳しい方法は「ネットワーク監視カメラ用PoEスイッチの使用方法は何ですか?」をご覧ください。

ビジネス向けIPカメラセキュリティシステム用のPoEスイッチ

間違いなく、セキュリティは現代社会のビジネスにとっても不可欠です。IPカメラセキュリティシステムは、ほとんどのビジネスを保護するための最適なソリューションを提供します。中小企業であろうと大手企業であろうと、IPカメラセキュリティシステムに複数のIPカメラを必要としています。この状態では、PoEスイッチのポート番号が適切なソリューションです。24ポートのPoEスイッチ(24x10G BASE-T、4x10Gb SFP+、4x25Gb SFP28)は中規模のネットワークに適し、国際的なホテルや企業などの大企業の要件を満たすことができます。

1

あなたにおすすめの記事