キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/poe-solution-for-home-and-business.jpg

PoE IPカメラシステムにPoEスイッチの使用

Worton

翻訳者 ともや
2018年8月13日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

PoE IPカメラシステムにPoEスイッチの使用

PoEスイッチは、Cat5、Cat5e、Cat6などのネットワークケーブルを介してPoE IPカメラシステムに電源およびデータ接続を提供します。8ポートPoEスイッチは、単なるIPカメラシステム用の最も一般的なPoEスイッチの1つです。PoE管理スイッチをIPセキュリティカメラに使用することで、人やビジネスの安全を確保することは非常に一般的な動作です。通常、異なるIPカメラシステムに対して、異なるポートを備えたPoEスイッチが導入されています。

PoE IPカメラシステムにPoEスイッチを使用する理由

PoE技術を採用する場合、比較的高価なPoEスイッチを購入する必要はないと考えるユーザーもいます。PoEインジェクタは、IPカメラに電力を供給し、より多くのスペースを節約することもできます。しかし、10台のIPカメラを接続する必要のあるデバイスが多数あるとどうなりますか?この状態では、PoEスイッチが最適です。さらに、PoEスイッチはPoE IPカメラシステムに多くのメリットをもたらします。

容易な管理と低コスト

現在、管理されているPoEスイッチは新しい傾向になっています。より高度なマネージドPoEスイッチにより、各カメラの動作電力をIPカメラシステムの任意のポイントから遠隔制御することができます。これにより、管理者は、カメラの場所に行かずに応答しないPoE IPカメラを再起動し、コストと労力を節約できます。

ロングラン

PoEスイッチと接続されたIPカメラは、どこにでも、遠隔地にも設置できます。Cat5eケーブル1本で、PoE IPカメラの距離は最大100mになります。より長い運転が必要な場合は、PoEリピータが必要な場合があります。

停電に対する回復力

通常、すべてのIPカメラは単一の電源(PoEスイッチ)から給電されます。したがって、PoEスイッチにセントラルUPS(無停電電源装置)を取り付けることで、停電時に監視を継続できます。

ギガビットPoEスイッチの選択

8/24/48ポートPoEスイッチ

ギガビットPoEスイッチは、通常、5ポート、8ポート、10ポート、16ポート、24ポート、28ポート、48ポート、および52ポートの構成で提供されます。これらのポートは、光ファイバー接続用のSFP / SFP +スロットの組み合わせですが、より一般的には前面にRJ45コネクターを備えた銅ポートで、最大100メートルの距離が可能です。ファイバSFPモジュールを使用すると、最大40キロメートルです

IPカメラの消費電力

PoEスイッチには、IEEE802.3afとIEEE802.3atという2つの規格があります。したがって、異なる規格のPoEスイッチも、IPカメラの各ポートで異なる電力を提供します。たとえば、IEEE802.3af標準の8ポートPoEスイッチは、15.4Wを超えないIPカメラでのみ動作します。IEEE802.3at PoEスイッチは、最大25W PoEデバイスをサポートできます。

マックス ギガビットPoEスイッチの消費電力

PoEスイッチの総ワット数が大きいほど、より多くのカメラと他のPOEデバイスを接続できます。そして最大。スイッチの電力消費はしばしばその価格と密接に関連します。ただし、慎重に選択すると、費用対効果の高いPoEスイッチの中に最大のものを見つけることができます。消費電力。

管理対象外または管理対象のPoEスイッチ

管理されていないPoEスイッチは、ネットワーク接続されたデバイス間の基本的な接続のみを提供します。 管理されたPoEスイッチを使用すると、ネットワークを監視し、ダウンタイムの原因となるすべての構成について責任を負うことができます。長期的には、管理された8ポートPoEスイッチを選択する方が良いかもしれません。

IPカメラシステムとPoEスイッチの接続方法

IP監視システムは、PoEスイッチ、IPカメラ、ネットワークビデオレコーダー(NVR)、Cat5eまたはCa6ケーブルで構成されることがよくあります。そのうち、PoEスイッチは、データを送信して他のデバイスに電力を供給することもできます。IP監視にPoEスイッチを使用する前に、イーサネットスイッチに精通している方がよいでしょう。

PoE Switches

上記のように、8ポートPoEスイッチには、8ギガビットイーサネットRJ45ポートと2つのSFPポートが装備されていることがよくあります。RJ45ポートはIPカメラとNVRとの接続に使用され、SFPポートはLAN / WANネットワークに接続されます。次の図は、8ポートPoEスイッチの一般的なアプリケーションを示しています。

PoE Switch in IP Camera Systems

ここに手順があります。

イーサネットケーブル(cat5eまたはcat6)を使用して、ルータを8ポートPoEスイッチのLANポートに接続します。
電源ケーブルをPoEスイッチとコンセントまたはサージプロテクタに接続します。
イーサネット延長ケーブルを使用して、PoEスイッチのポート1〜8にIPカメラを接続します。
NVRにカメラを追加してカメラを表示し、録画を有効にします。長距離が必要な場合は、ルータをインターネットに接続します。


結論

ギガビットPoEスイッチは、監視の設置をより簡単で、より安全で安価にします。IPビデオ監視システムを構築する場合は、信頼できるIPビデオ監視システムに適したPoEスイッチを選択してください。一般的に、8ポートPoEスイッチは、小規模なIPサーベイランスに必要なすべてのものをほぼ満たすことができます。


934

おすすめのコンテンツ