キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/fiber-optic-pigtail.jpg

ファイバピグテールとスプライシング方法

Worton

翻訳者 ともや
2018年11月12日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

ファイバピグテールとスプライシング方法

光ファイバケーブルの設置では、ケーブルがシステムにどのように取り付けられているかが、ネットワークの成功に不可欠です。適切に行われれば、光信号は減衰が少なく、リターンロスが少ないリンクを通過します。光ファイバピグテールは、シングルモードファイバアプリケーションの99%で使用されている光ファイバを結合する最適な方法を提供します。この記事には、ピグテールコネクタタイプ、ファイバピグテール分類、およびファイバピグテールスプライシング方法を含む、光ファイバピグテールのいくつかの基本的な知識が含まれています。

ファイバピグテールとは何ですか?

光ファイバピグテールは、一端に工場で取り付けられたコネクタで終端された光ファイバケーブルであり、もう一端は終端されていません。したがって、コネクタ側を機器に接続し、もう一方の側を光ファイバケーブルで融解することができます。光ファイバピグテールは、融着または機械的スプライシングによって光ファイバケーブルを終端するために利用されます。高品質のピグテールケーブルと正しいフュージョンスプライシングプラクティスを組み合わせることで、光ファイバーケーブル終端で最高のパフォーマンスが得られます。光ファイバーピグテールは通常、ODF、ファイバー端子箱、流通箱などの光ファイバー管理装置にあります。

光ファイバピグテール

ファイバピグテールの種類

光ファイバピグテールには、ピグテールコネクタタイプ、LC光ファイバピグテール、SCファイバピグテール、STファイバピグテールなどがあります。ファイバタイプには、シングルモード光ファイバピグテールとマルチモード光ファイバピグテールがあります。 そして、ファイバ数によって、6本のファイバ、12本の光ファイバが市場に出てきます。

ファイバタイプによる分類

光ファイバピグテールは、シングルモード(黄色)とマルチモード(橙色)に分けることができます。マルチモード光ファイバピグテールは、62.5/125ミクロンまたは50/125ミクロンのバルクマルチモードファイバケーブルを使用し、一方ではマルチモード光ファイバコネクタで終端されます。10Gマルチモードファイバケーブル(OM3またはOM4)も光ファイバピグテールで利用できます。10G OM3とOM4光ファイバピグテールのジャケット色は通常水色です。シングルモードファイバピグテールケーブルは、9/125ミクロンのシングルモードファイバケーブルを使用し、一端でシングルモードファイバコネクタで終端されています。

コネクタタイプによる分類

最終的に終わるさまざまなタイプのピグテールケーブルコネクタによると、LCファイバピグテール、SCファイバピグテール、STファイバピグテール、FCファイバピグテール、MT-RJファイバピグテール、E2000ファイバピグテールなどがあります。構造と外見が異なると、それぞれに異なるアプリケーションやシステムでそれぞれのメリットがあります。 広く使われているものをいくつか見ていきましょう。

SC光ファイバピグテール:SCピグテールケーブルコネクタは、2.5mmのあらかじめ丸められたジルコニアまたはステンレス合金のフェルールを備えた非光学的切断コネクタです。SCファイバピグテールは、CATV、LAN、WAN、テスト、測定などのアプリケーションでの使用に経済的です。

FC光ファイバピグテール:FCファイバピグテールは、ネジ式構造と高精度セラミックフェルールを特徴とするFC光コネクタの金属体を利用しています。FC光ファイバピグテールおよびその関連製品は、一般的な用途に広く適用されます。

ST光ファイバピグテール:STピグテールコネクタは、マルチモード光ファイバLANアプリケーションで最も一般的なコネクタです。それは、セラミック(ジルコニア)、ステンレス合金またはプラスチック製の長い2.5mmの直径のフェルールを有します。したがって、SCファイバーピグテールは、通信、産業、医療およびセンサーの分野で一般的に見られます。

光ファイバパッチコードのように、光ファイバピグテールはUPCとAPCバージョンに分けることができます。最も一般的に使用されるタイプは、SC/APCピグテール、FC/APCピグテールとMU/UPCピグテールです。

光ファイバピグテールコネクタ

アプリケーション環境による分類

いくつかのピグテールケーブルは厳しい環境または極端な環境に耐えるように特別に設置されているため、ここでは装甲ファイバピグテールと防水ファイバピグテールが付属しています。

装甲ピグテール:ステンレススチールチューブまたは他の強力な鋼で囲まれた外側ジャケットの内側にファイバを保護し、ネットワークの信頼性を高め、げっ歯類、建設作業、他のケーブル重量による不必要な損傷を軽減します。

防水ピグテール:ステンレス鋼強化防水ユニットと装甲屋外PE(ポリエチレン)ジャケットで設計された防水ファイバーピグテールは、通信塔、CATV、軍などの厳しい環境に最適です。防水ピグテールケーブルは、良好な靭性、引張りおよび信頼できる性能を向上させ、屋外接続での使用を容易にします。

ファイバ数による分類

光ファイバピグテールは、1,2,4,6,8,12,24および48本のストランドファイバ数を有することができる。シンプレックス光ファイバピグテールは、一端に1つのファイバとコネクタを有します。デュプレックス光ファイバピグテールは、一端に2つのファイバと2つのコネクタを備えています。各ファイバには「A」または「B」のマークが付いています。また、異なる色のコネクタブーツを使用して極性をマークしています。同様に、4、6、8、12、24、48と48以上の光ファイバピグテールは、それらの対応する機能を有しています。

光ファイバピグテールアセンブリ


注:ファイバピグテールには、メスまたはオスのコネクタが付いています。メスコネクタは、パッチパネルに取り付けることができます。また、光トランシーバに直接差し込まれた雄コネクタもあります。

ファイバピグテールスプライシング方法

ファイバピグテールの品質は、一般に、コネクタ化された端部が工場に取り付けられているため、フィールド終端ケーブルよりも正確に高いため、高いです。それは、融着または機械的スプライシングによって光ファイバに取り付けることができます。フュージョン・スプライサへのアクセスが与えられると、1分以内にピグテールをケーブルにスプライスすることができ、スプライスを大幅に高速化し、フィールド終端に費やす時間とコストを大幅に節約できます。機械式光ファイバピグテールスプライシングでは、光ファイバピグテールとファイバパッチコードを正確に保持しますが、接合部は一時的または永続的であるため、光をあるファイバから他のファイバに通過させることができます。常に必要とするよりも数フィート以上ファイバピグテールアセンブリを注文します。特別な余裕は、スプライシングエラーを修正することを可能にします。さらに、信頼性の高い品質のファイバピグテールアセンブリを選択することで、スプライスプロセスが容易になりました。


ファイバピグテールスプライシング


結論

光ファイバピグテールは、基本的に、パッチパネルまたは装置に接続できるように、ファイバとスプライスするために使用されます。また、ファイバターミネーションを容易にするための実用的で信頼性の高いソリューションを提供し、稼働時間と労力を節約します。 FS.COMは、標準の900μmバッファリングされた光ファイバピグテール、6本のファイバから24本のファイバまで、色分けされた光ファイバピグテール、装甲ピグテール、防水ピグテールなど、さまざまな種類の光ピグテールを供給しています。大量在庫のケーブルとコネクタを使用することで、カスタムアセンブリを迅速に処理できます。


3.0k

おすすめのコンテンツ