キャンセル
https://media.fs.com/images/solution/fs-8-port-gigabit-poe-managed-switch.jpg

PoEでマネージドスイッチを使用する理由はなんですか?

Worton

翻訳者 ともや
2019年10月29日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

PoEでマネージドスイッチを使用する理由はなんですか?

マネージドPoEスイッチは、今日のネットワークユーザーの間で人気が高まっています。現在、多くの人は、アンマネージドスイッチより、PoE機能を備えたマネージドスイッチを選択します。なぜですか?何か特別な理由がありますか?PoEでマネージドスイッチを使用する理由と、アンマネージドPoEスイッチとマネージドPoEスイッチの違いがわかるには、この記事をご覧ください。

マネージドスイッチとは

ネットワークスイッチは、管理レベルでマネージドスイッチとアンマネージドスイッチという2つのタイプに分類できることをご存知かもしれません。では、マネージドスイッチとは何ですか?アンマネージドスイッチとマネージドスイッチの違いは何ですか?

実際、マネージドスイッチは、1つ以上のインターフェイスにアクセスして、スパニングツリープロトコル(STP)、ポート速度、VLANなどの機能を設定または管理できるスイッチです。LANトラフィックをより細かく制御し、このトラフィックを制御する高度な機能を提供します。たとえば、FS S5800-48F4S 10GbEスイッチは、MLAG、VxLAN、SNMPなどをサポートしています。

一方、アンマネージドスイッチでは、PCやネットワークプリンターなどのイーサネットデバイスが相互に通信できます。固定構成が付属しており、この構成を変更することはできません。

マネージドスイッチの利点

通常、マネージドスイッチは、アンマネージドスイッチのすべての機能を提供するため、アンマネージドスイッチよりも常に優れています。アンマネージドスイッチと比較して、マネージドスイッチには、管理制御、ネットワーク監視、および不正デバイスの通信の制限という利点があります。

PoEとはなんですか?PoEでマネージドスイッチを使用する理由はなんですか?

上記の紹介を通じて、マネージドスイッチの重要性を既にご存知だと思います。では、なぜPoEでマネージドスイッチを使用するのでしょうか?PoEマネージドスイッチは何ですかについて紹介しましょう。

PoEとはなんですか?

実際、PoEとはパワーオーバーイーサネットのことを意味します。PoEの主な利点または機能は、Cat5eまたはCat6イーサネットケーブルを介したデータと電力の同時転送です。これにより、ACまたはDC電源とコンセントが不要になります。さらに、電気技師は不要であるため、リモートインストールのコストは光ファイバのコストよりも低くなります。

PoEでマネージドスイッチを使用する理由はなんですか?

PoEはネットワークデータの長距離伝送や極端な温度にはお勧めしません。そのような環境では、ギガビットイーサネットスイッチで一般的に考慮されており、主にIPカメラ、VoIP電話、およびWAP(ワイヤレスアクセスポイント)で使用されます。そのため、PoEでマネージドスイッチを使用する必要があります。ここでは、FS 8ポートギガビットPoE+マネージドスイッチを例として取り上げます。

FS 8ポートギガビットPoE+マネージドスイッチは、ビジネス向けの費用対効果の高い効率的なPoEソリューションを提供します。次の図とビデオからわかるように、監視ネットワークの構築を改善するため、またはIPカメラを検討するためにNVRに接続する必要がある場合、このような管理されたPoEスイッチは理想的な選択です。


結論

上記のすべての図を通して、マネージドPoEスイッチとは何か、特定の状況でそれを使用する必要がある理由について既にご存知かもしれません。PoEを備えたマネージドスイッチには、マネージドスイッチが持つすべての機能が含まれているだけでなく、1つのCat5eまたはCat6イーサネットケーブルでデータと電力を同時に転送することもできます。


1.1k

おすすめのコンテンツ