キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202105/15/post35-image-sth7ujltx4.jpg

違いは何ですか:XFPとSFP+モジュール

Worton

翻訳者 ともや
2018年7月20日 に投稿された



通信業界の急速な発展に伴い、光モジュールは、ネットワーク展開の高速要件を満たすために10G伝送容量にアップグレードされました。現在では、10Gファイバトランシーバシリーズには主に10G XENPAK、10G X2、10G XFP及びSFP+を含まれています。XENPAKは、10GEの最初のMSAである上で、最大のフォームファクタを持っています。後で、X2は、より小さなフォームファクタを持つ標準と競合していました。XFPはX2の後に来て、さらに小さくなっています。SFP+は、より小型のフォームファクタを提供し、ハードウェア上に1G/10Gコンボポートを提供する事もできます。XFPモジュールとSFP+モジュールはどちらも10Gデータレートで動作しますが、XFPとSFP+の違いは何ですか?続けてお読みください。この記事では答えを見つけます。

10ギガビットXFP&SFP+の概要

XFPモジュールとは何でしょうか?

XFPモジュールは、10ギガビットの小型フォームファクタプラガブルトランシーバで、光ファイバケーブルと一緒に高速ネットワーク用で使用されます。XFPトランシーバ仕様は、業界団体の非公式合意であるXFP MSA(Multi-Source Agreement - メーカー間合意規格)グループによって開発されました。10ギガビットイーサネット、10ギガビット/秒ファイバチャネル、OC-192レートの同期型光ネットワーク(SONET)、10ギガビットイーサネット、10ギガビットイーサネット、10ギガビットイーサネット、10ギガビットイーサネット、 同期光ネットワーキングSTM-64、10Gbit/s光トランスポートネットワーク(OTN-2)及び並行光学リンクをサポートしています。ここにXFPモジュールの図があります。

SFP+モジュールとは何でしょうか?

10G SFP+モジュールは、850nm、1310nm、1550nmの10Gbit/sデータ伝送アプリケーション用の多目的光モジュールです。このモジュールは、IEEE 802.3ae及びファイバチャネル規格、ファイバチャネル10G、8.5G、4.25G、2.125G、1.0625G、10G BASE-SW/SR/LR/ER、1000Base-SXイーサネットをベースとするデータコム及びストレージスペースネットワーク(SAN/NAS)アプリケーションに理想的です。さらに、SFP+光モジュールには、高速、低消費電力、システム構築コストなどのいくつかの明白な利点があります。これは、多くのネットワークコンポーネントベンダーによってサポートされている一般的な業界フォーマットです。ここにSFP+モジュールの図があります。


XFP vs SFP+モジュール

XFPモジュールとSFP+モジュールはともに10G光ファイバモジュールであり、主に10G光ファイバネットワーキングで使用されます。しかし、まだいくつかの違いがあります。

 XFPはXFP MSAの標準に基づいていますが、SFP+はSFPの拡張版であり、SFP+ MSAに基づいています。
 XFPは10 Gbit/sファイバチャネルに準拠していますが、SFP+は8 Gbit/s ファイバチャネルをサポートしています。
 XFPのサイズはSFP+よりも大きいので、パッケージは異なります。
 XFPと比較して、SFP+は、信号変調機能、MAC、CDR、EDCを含むいくつかの機能をマザーボードに移行するため、モジュール内部ではなくマザーボードに実装する回路が増えます。
 10Gケーブルでは、専用トランシーバなしで2つのSFP+ポートを接続するための直接接続ケーブル(DAC)が導入されていますが、XFPにはケーブルバージョンはありません。SFP+ポートはSFPモジュールを受け入れることができます。スイッチがSFP+ポートで1G及び10G オプティクスを受け入れる場合は、必要に応じてSFPモジュールに取り付けることができます。XFPポートはXFPモジュールのみを受け入れます。

XFPをSFP+、X2またはXENPAKモジュールに接続できますか?

答えは「はい」です。この問題では、それぞれの側に正しい光学素子が必要です。光学系がシングルモードの場合は、シングルモードのパッチコードが必要です。光学機器がマルチモードの場合、マルチモードパッチコードが必要です。XFP-10G-SRとSFP-10G-SR両方はLCファイバコネクタをベースにしたマルチモードオプティクスであるため、LCマルチモードファイバケーブルでこの問題を解決できます。ただし、X2とXENPAKモジュールは、SCコネクタをベースに設計されています。X2及びXENPAKモジュールをXFPまたはSFP+モジュールに接続する場合は、シングルモードまたはマルチモードのSC-LCファイバパッチケーブルを使用する必要があります。

can-we-connect-XFP-with-SFP-2.jpg

結論

10Gイーサネットは依然として小型データセンターの主流なので、10G光ファイバトランシーバは不可欠です。XFPトランシーバモジュールはSFP+モジュールほど普及していませんが、10Gネットワークにはまだまだあります。この記事では、XFPとSFP+について実践的な知識を共有しています。


6.3k

おすすめのコンテンツ