日本語

キャンパスネットワークで120kmを超える10G DWDM相互接続

Posted on 5月 31, 2022
31

背景

高帯域幅容量および低コストに対する要求により、学術および研究機関は、特に長距離にわたって様々な建物を接続するためにOTNネットワークを必要とします。当社のお客様の1人は、キャンパスとオフィスの間に120キロメートル以上離れた10Gネットワークを構築するために、ダークファイバを使用するソリューションを探しています。

課題

  • キャンパスとオフィス間の距離は、10G DWDM SFP+モジュールがサポートできる127kmの範囲を超えています。

  • このような長距離では、伝送中に必然的に光信号の損失が発生します。

取り組み

余分なファイバを使用せずに長距離伝送を実現するために、16CHデュアルファイバDWDM MUX/DEMUXをキャンパス内およびオフィスに配置して、127.6 kmを超える双方向伝送を実現します。

最適な信号品質を確保し、伝送距離を延ばすために、光増幅器はネットワーク、出力パワーを上げるための2つのOBA、および受信感度を上げるための2つのOPAを追加するように設計されています。

波長分散補償とシステム性能の向上のために、光信号の形式を固定するためにDCMが採用されています。

さらに、光モジュールのRXパワーを制御してトランシーバの燃焼を防ぐために減衰器が必要です。

10G DWDM Interconnections

結論

このOTNレイアウトは、SMFを介して120kmを超える距離を持つ10Gネットワークを構築する典型的なケースです。当社のFMUおよびFMTシリーズを使用することで、長距離127kmの10Gネットワークが構築されるだけでなく、データ損失の問題も解決されました。

0

あなたにおすすめの記事