日本語

ストレージキャビネットおよびサーバーの10G冗長接続

Posted on 5月 31, 2022
31

背景

信頼できるネットワークソリューションは、ユーザーの時間とエネルギーを大幅に節約できます。ネットワーク構築に閉じ込められたお客様の1人は、ストレージキャビネットとサーバー用の10G冗長接続ソリューションの提供を希望して、FSに支援を求めました。

課題

お客様は、10GB SFP+リンクを介して4つのストレージキャビネットと3つのサーバーへの冗長接続を取得したいと考えています。また、サーバートランクとキャビネットへの10GBリンクを備えたユーザーネットワークには250個の1GBポートが必要です。1 GBの銅線RJ45接続を備えたファイアウォールは1つだけです。要件のバランスを取る方法は難しいものになります。

取り組み

顧客のニーズに応じて、FSはネットワーク接続ソリューションを提供します。ソリューションの全体的な設計はMLAG機能を採用しており、コアおよびアクセスレイヤーでの完全な冗長リンクを作成し、コアおよびアクセススイッチからの単一障害点によるネットワークの麻痺を回避します。

コアレイヤー:2つのFS S5850-32S2Qスイッチが40Gリンクトランクで接続されています。S5850-32S2Qはそれぞれ、ファイアウォールを1G銅線モジュールとネットワークケーブルで接続し、リンクの冗長性のためのMLAG接続を実現します。

アクセスレイヤー:FS S3900-48T4Sスイッチは、ユーザーエリアの端末デバイスをリンクするアクセススイッチとして使用されます。それらはそれぞれ、MLAGを使用してS5850-32S2Qとの10Gアップリンク接続を確立します。さらに、サーバーとキャビンは、MLAGにわたって2つのS5850-32S2Qとの10G接続もセットアップします。すべてのMLAG設計は、ネットワーク全体で高い信頼性とネットワーク冗長性を実現します。

注:S5850-32S2Qの10Gポート速度は、ファイアウォール接続のために1Gに設定する必要があります。

10G Network Solution

結論

FSは、この顧客が10G冗長接続を実現できるように支援し、エンタープライズネットワークスイッチ、トランシーバー、銅線およびファイバーケーブルなどの対応製品を推奨します。このソリューションは、高い信頼性、セキュリティ、冗長性で顧客の支持を得ます。

0

あなたにおすすめの記事