日本語

EoRとToR間の40G MTP極性ソリューション

Posted on 5月 31, 2022
33

背景

今日の高密度ネットワーク環境では、柔軟な標準ベースの構造化ケーブルシステムを持つことが、ネットワークのアップグレードまたは拡張にとって重要です。データ損失保護ソリューションプロバイダーの通常の顧客であるCode42 Software Incは、EoRとToR間の40G接続用に、スケーラブルで極性が明確なMTPケーブルソリューションを設計するようにご依頼なさいました。

課題

どのようにして40G伝送全体の正しい極性、コネクタタイプ(メス/オス)、および簡単なケーブル管理を確保するのですか?

取り組み

FSエンジニアは、同じ極性タイプ(タイプB)のMTPトランクケーブルとFHDモジュラーケーブル管理システムを使用して、迅速な展開と簡単なケーブル管理を計画しています。次の図は、ケーブル配線図を示しています。MTP up-downパネルは、両側で同じ極性(タイプB)のMTPトランクを接続するために使用されます。また、FHDファイバエンクロージャーとアダプターは、展開を高速化し、ケーブル管理を簡素化します。また、このソリューションは、将来のネットワーク拡張のために十分なスペースを準備します。

40Gスイッチと1UラックマウントFHDファイバエンクロージャー(4x FHDアダプタパネルを収容)は、メスMTP-12、タイプBトランクケーブルで接続されています。同じ接続は、反対側のToRケーブルでも使用されます。

2つのラックのFHDファイバエンクロージャー間の接続は、オス144芯MTP-12、タイプBトランクケーブルによって実現されます。

40G MTP Polarity Solution

結論

配線設計全体が、MTP高密度ケーブルとFSの費用対効果の高いFHDシステムを最大限に活用して、適切な極性と簡単なケーブル管理を保証いたします。FSは、お客様が容量を拡大し、効率を高め、展開を加速するのを支援することに取り組んでいます。ビジネスに必要な専門知識と重要なソリューションを提供いたします。

0

あなたにおすすめの記事