日本語

DWDM上の60km 10Gマルチサイトチェーンネットワーク

Posted on 5月 31, 2022
108

背景

現実的なDWDMネットワークには通常2つ以上のサイトがあります。 また、複数のサイトを持つDWDMネットワークを設計するのは非常に簡単な作業です。FSのお客様は、複数のサイトにまたがってAからGまで約60kmにわたって実行される10G DWDMチェーンネットワークを構築する必要があります。そのうち、2つのサイトでデータを追加するか、または削除する必要があります。

課題

1. EDFAなどのアクティブデバイスは、サイトAとGにのみ設置できます。

2.リンク全体に複数のサイトがあります。したがって、リンク全体の光パワーバランスを保つことは困難です。

取り組み

現在使用されている既存のファイバ容量を最大にするために、40チャンネルC21-C60 DWDM Mux/DemuxはサイトAとGであるリンクの両端に配置され、C37-C60の波長はAからGへのデータ伝送を満たすために使用されます。C21-C28の波長を持つ8チャンネルOADMは、サイトBでのデータの追加と削除に使用されます。また、波長C29-C36は、8チャンネルOADMによるサイトCのデータの追加と削除に使用されます。

信頼性の高い伝送を確保するために、PA(O13/G20)とBA(O20 / G20)をサイトAとサイトGの両方で使用して、十分な安全マージンを確保します。BAの前に追加された7dbアッテネータは、約+4dBに光パワーを調整するため、多すぎる光パワーによる損傷からBAを保護します。PAの後ろに追加された10dbアッテネータは、-13dbから-20dbGごろのRX電力を確保するためのものです。

さらに、サイトBとFも、追加された波長の光パワーを適切な範囲に保つために、光ファイバアッテネータを使用する必要があります。

60km 10G Multi-Site Chain Network

結論 

この場合、お客様が既存の1本のファイバのみを使用してさまざまなビジネスサービスを転送する効率的な10G 40チャンネルDWDMネットワークを構築するのに役立ちます。このソリューションは、マルチサイト伝送の課題を解決するだけでなく、展開コストを削減し、将来の成長を最大限にカバーします。

0

あなたにおすすめの記事