日本語

オフィスネットワーク向けの柔軟なPoEソリューション

Posted on 5月 31, 2022
283

背景

PoEはネットワークで広く使用されている技術であり、インストールに多くの利点をもたらします。多くの場合、VoIP電話とWIFI APは主要なPoEアプリケーションです。スイスの顧客は、オフィスネットワークのソリューションを必要としていました。ISPは10Gbイーサネット接続を提供しています。ソリューションには、オフィスの個人用のPC、VoIP電話、サーバー及び無線ホットスポット接続が含まれます。

課題

クライアントには緊急のニーズがありましたが、FSネットワークスイッチに精通していないため、どのデバイスを選択するかは決定されていませんでした。アプリケーション全体がRJ45イーサネットを使用すると予想されていました。

取り組み

クライアントの情報を取得した後、FSは柔軟かつ将来性のあるソリューションを短時間で提供しました。

S1150-8T2F8ポートPoE+マネージドスイッチは、4台のiMacと2台のワイヤレスホットスポットで1Gデータを送信し、その間に電力を供給したため、設置が簡素化され、インフラストラクチャコストが削減されました。

10G接続を必要とする12台のMacProと2台のMacサーバーがあり、デバイスは高速配送のニーズを満たす必要がありました。10Gポートが付属したS5850-32S2Qスイッチは在庫があり、クライアントのニーズを満たし、将来のネットワーク拡張に適しています。

アプリケーション全体がRJ45接続であるという必要があったため、S5850-32S2QスイッチでRJ45モジュールを使用して、ファイバーを銅に変換しました。

Flexible PoE Solution

結論

PoEスイッチを使用することで、オフィスネットワークソリューションは、ネットワーク展開の柔軟性と安定性を強化するための実現可能なアイデアです。ネットワーク全体の管理が合理化され、FSスイッチを初めて使用する人でも簡単に理解できるようになりました。

国家・地域
国家・地域

あなたにおすすめの記事