日本語

FS 100G完全冗長高可用性構造ソリューション

Posted on 5月 31, 2022
35

背景

弊社のお客様はITサービスプロバイダと小売業者で、高可用性アーキテクチャは継続的なオペレーティングシステムの維持に不可欠です。それは、ハードウェア障害が発生した場合でもシステムを実行し続けるので、あらゆるWebベース環境の鍵となります。したがって、完全冗長が必要です。

課題

  • ストレージスイッチのバックエンドとして100Gスイッチが必要です。

取り組み

N8500-48B6C 100Gスイッチは、48*25Gbポート、6*100Gbポート、ホットスワップ可能なファンと電源を備えているため、ユーザーはシステムを中断せずに、これらのコンポーネントを挿入するまたは取り外すことができます。

2つのN8500-48B6Cスイッチは、MLAGのピアスイッチです。それらはIPL(インターピアリンク)ポートチャネルインターフェイスを介して接続します。25Gスイッチは、通常のボンディングまたはチーミングLACPインターフェイスを介して2つのMLAGピアスイッチに接続します。100Gスイッチ側では、下方に接続するポートは同じMLAG対応ポートチャネル番号で構成されます。

FS Switches

結論 

このプログラムは、優れた低遅延と電力効率を提供しながら、冗長でホットスワップ可能な電源などの高信頼性機能を提供します。100G光モジュール、25G光モジュール、ファイバケーブルなどの優れた製品があるので、この高可用性構造を構成します。N8500-48B6Cスイッチはスタックをサポートしていませんが、MLAGを使用してリンクの冗長性を実現することができます。FS NシリーズスイッチでのMLAGについて、「Cumulus Linuxを使用したFS NシリーズスイッチでMLAGを構成する方法」を参照してください。

0

あなたにおすすめの記事