日本語

Klee Group :パワフルに展開できるOTNフレキシブルリングアーキテクチャ

Updated on 6月 10, 2022
262

背景

 Klee Groupは500人以上のITに関する専門家を持つ34年の豊富な経験があるフランスのデジタル企業であり、32カ国の企業や団体に企業情報システムや情報技術などのサービスを提供しています。Klee Groupは事業の拡大のために、4つのデータセンター間で信頼性が高くコスト効率の優れた伝送ネットワークを構築しようと考えていましたが、高いリンク損失と多様なリンク距離による電力バジェット不足の課題に直面していました。上記の問題は異なる地域に複数のデータセンターを相互接続する必要がある多くの企業にとってデータセンター相互接続(DCI)におけるの共通の課題でもあります。

 こうした状況に対して、FS OTN技術チームは直ちにソリューションの革新と様々な品質テストの実施を行い、チームは4日以内にKlee Groupのために、完全した最適なソリューションを設計しました。

課題

 Klee Groupは4つのデータセンター間に伝送ネットワークを構築する必要がありますが、これらのデータセンター間の距離が最大59km距離差で異なります。さらに、リンク全体には複数のノードが存在されるため、いかに挿入損失を慎重に軽減するかということは避けられないようになりました。一方、Klee Groupは高信頼性ネットワークを実現し、予算を最低限に抑え、なるべく早く満足させる計画を取得できることを期待しています。

 さすが豊富な業界経験を持つインターネットサービスプロバイダーです。パフォーマンスとコスト効率に応じたネットワーク機器の選定には非常に明確で慎重です。リンクの挿入損失と伝送距離を考慮した上で、FS OTN技術チームは継続的なテストと比較を通じて解決策を提出しました。

ソリューション

 Klee Groupのニーズに応え、FS OTN技術チームはCWDM MUX/DEMUXを40CH DWDM MUX/DEMUXに置き換え、過剰な挿入損失を低減するとともに、リンク範囲の拡大と更なる拡張を実現しました。また、OEOの使用により、イーサネット信号はDWDMトランシーバーで対応する波長に変換されます。

 リンク全体の安定性を確保するため、リンクCのバックアップ回線としてリンクDとリンクEが設計されました。これにより、万が一の障害に備え、ネットワークの継続性を確保するために、サイト1とサイト3は2つのシャーシに配置されています。

 電力バジェットの制限により、FS OTN技術チームはサイト2でOADMを採用して、最小限にバジェットを抑えます。また、OADMの導入により、リンクDやリンクEのデータ伝送を防ぐように、リンクDやリンクEの波長を増減させることができます。さらに、ファイバーの減衰量は増加する場合、ケーブル損失を補償するために、EDFAが使用されています。

OTN Flexible Ring Architecture

 OTN Flexible Ring Architecture
効果

電力損失の軽減:OTNフレキシブルリングアーキテクチャソリューションを導入するKlee Groupは、4つのデータセンター間で最大59kmのマルチリンク長距離伝送を実現できます。さらに、電力損失の低減と一定のバジェットが保証されています。

安全性の向上:光伝送ソリューションは、ネットワークの安全性およびバックアップを確保することに重要な役割を果たしています。4つのデータセンターが相互接続されたことで、より良いデータの相互通信が可能になり、作業効率の向上とコラボレーションの強化が期待できます。

あなたにおすすめの記事