日本語

FSメディアコンバーターを使用したLANおよびWAN伝送拡張

Posted on 5月 31, 2022
30

背景

従来の銅ケーブルシステムを活用しながら、イーサネットを長距離に拡張してビジネス規模の拡大に対処することは、一般的で費用対効果の高いスキームになります。FSは、伝送距離延長ソリューションで大規模な国際的な非営利組織と協力して、LANおよびWANアーキテクチャを再構築します。

課題

1. OM4ファイバペアはすでにバックボーンネットワークに展開されており、LANとWANを同時に実行するためにBIDIモジュールによって分離される予定です。既存のシングルモードBIDI SFPモジュールはマルチモードOM4ファイバ上では機能せず、追加のマルチモードBIDIモジュールは表示されません。

2. 分離されたファイバペアは、クロストークなしでLANおよびWANデバイスに接続する必要があります。

取り組み

既存のOM4ファイバとシングルモードBIDIモジュールを接続するには、OM4モードコンディショニングパッチケーブル(MCP)とLC-LC OM4シンプレックス光ファイバアダプターのペアが必要です。そうしないと、差動モード遅延(DMD)が発生し、距離に応じて帯域幅を削減します。この場合、MCPは、光ファイバ機器の更新、データ伝送の光信号品質の向上、伝送距離の延長に追加コストをかけることなく、ハードウェアテクノロジーをアップグレードできます。

2つのRJ45ポートを備えたメディアコンバーターのペアを展開して、ファイバリンクと銅線リンクを接続します。SFPポートには1000BASE BiDi SFPモジュールが接続され、2つのRJ45ポートはそれぞれLANおよびWANデバイス用です。2つのメディアコンバーターは、光電変換を達成できるだけでなく、LANとWANを同時に実行するためのポート分離もサポートし、それによってクロストークを回避します。ポートの分離を特徴とするこのメディアコンバーターは、2つの独立したメディアコンバーターとして機能し、データ伝送に単一の光ファイバを使用して同じタスクを実行できます。これは間違いなくコスト効果の高いソリューションです。

LAN and WAN Transmission

結論

メディアコンバーターは、伝送距離の延長とLANおよびWANデバイスのリンクの両方に使用され、ケーブル接続を簡素化します。銅線とファイバのインフラストラクチャを統合する手頃な価格のソリューションを必要とするお客様にとって理想的な選択肢です。FSは、お客様が同じファイバペアでLANとWANの効率的な同時運用を実現するのに役立ちます。これにより、高品質のデータ伝送と1200〜1300フィートへの距離延長の両方のニーズを満たすことができます。

0

あなたにおすすめの記事