日本語

冗長ストリーミングメディア伝送のためのMLAGネットワーク

Posted on 5月 31, 2022
30

背景

Broadcast Architechはフランスの有名なマルチメディアテクノロジー企業であり、FSと長期的な協力関係を確立しています。信頼できる統合ストレージネットワークをセットアップすることにより、ビジネスの作業効率を改善する必要があります。FSは、ストリーミングメディア伝送用の冗長リソースストレージネットワークの設計に役立ちます。

課題 

1.イーサネットデバイスとストレージサーバー間の接続を低コストで実現する方法は?

取り組み

FS S5850-24T16Sスイッチは、カプセル化されたストレージデータをイーサネットネットワークで送信できるiSCSIをサポートしています。つまり、専用のストレージスイッチを購入する必要がないため、コストを節約できます。

ネットワークの冗長性のために、10G DACケーブルを使用して2つのS5850-24T16Sスイッチを接続し、MLAGペアを形成できます。クアッドポートSFP+ネットワークアダプターがサーバーに接続され、クアッドポート設計によりパフォーマンスが向上する冗長性が提供されます。次に、サーバーは2つのスイッチをそれぞれ10Gモジュールとファイバケーブルで接続します。これにより、完全なMLAGが形成され、ネットワークの復元力が向上します。

PCは、イーサネットケーブルを介してそれぞれ2つのネットワークスイッチに接続されます。このトポロジでは、すべてのPCがサーバー上のデータを保存および取得できます。1つのリンクに障害が発生した場合、またはデバイスが故障した場合、残りのデバイスは引き続き動作します。

MLAG Network

結論

FSエンジニアは、高性能のS585-24T16Sスイッチとクアッドポート10Gネットワークカードを使用してMLAGを実現し、クライアントがストリーミングメディア伝送用の高度に統合された冗長ネットワークの構築を支援します。

0

あなたにおすすめの記事