日本語

構造化MTP & MTP & 銅配線ソリューションを実現に

Updated on 8月 25, 2022
90

背景

Anixterは、ネットワークおよびセキュリティ・ソリューション、電気および電子ソリューション、商用電源ソリューションのグローバルな大手会社です。Anixterは、エンドユーザー向けにケーブルシステムを設計しており、製品とプランフィジビリティ (実現可能性) を明らかにしたいと考えていました。

課題

ITルームと接続されたコアラック2台、ディストリビューションラック2台、サーバーラック8台、合計3組(計12台)のラックを相互接続する必要があります。従って、お客様は、正確かつ構造化された銅線およびファイバーケーブルシステムに適した装置を必要としています。

ソリューション

●ITルーム内のネットワーク機器は、光ファイバーLCデュプレックスアダプターパネルを介してコアラックA1に接続し、10G伝送を実現します。

 

●2つのコアラックは、光ファイバーケーブルと銅線ケーブルの両方の利用により、相互接続されています。光ファイバーケーブルシステムでは、LC OM4ケーブルとOS2ケーブルによるLCアダプターパネルを接続し、MTP-12 タイプBマルチモードトランクケーブルによるMTPからアダプターパネルまでの間で接続します。銅線配線システムでは、24ポートのパッチパネルとCat6銅線ケーブルが接続されています。

 

●さらに、コアラックとディストリビューションラックの接続も以上のように接続されています。

 

●最後に、2 つのディストリビューションラックと 8 つのサーバラックの接続は、MTP アダプタと MTP-12 トランクケーブルで実現されます。

 MTP & Copper Inter-Rack Cabling

効果

FS.COMは、ラック間ケーブルソリューションの最適なスキームの構築ををお手伝い致します。FS FHD高密度シリーズ製品を使用することで、管理が容易でスペース利用率の高い高密度フレキシブルケーブリングシステムを実現します。

0

あなたにおすすめの記事