日本語

FSファイバを介してイーサネットメディアコンバーターを使用した監視ネットワーク設計

Posted on 5月 31, 2022
37

背景

今日、ビデオ監視ネットワークは、多くの企業や組織にリアルタイムの監視とセキュリティを提供する重要なコンポーネントになっています。ただし、光ファイバポートを持たないIPカメラまたはその他のビデオ監視デバイスの場合、銅線からファイバへの変換が必要です。これを考慮して、FSはファイバからイーサネットへのメディアコンバーターを使用するお客様向けに、安全で効率的な監視ネットワークを構築しました。

課題

1.会社の建物には4つのフロアがあり、サーバールームとオフィスの間の距離は210mです。クライアントは既にHuawei 10G SFP+ネットワークスイッチを配置されてあり、このスイッチには複数のDC電源APと複数のネットワークビデオレコーダーをリンクする必要があります。そこで、10Gメディアコンバーターはコストが高すぎるため、10G SFP+スイッチをAPおよびネットワークビデオレコーダーとリンクするための予算に優しい方法を見つけなければなりませ。このような状況では、Huaweiスイッチポートの帯域幅を1Gに制限することは可能ですか?

取り組み

メディアコンバーターは、ファイバとCat6ケーブルのブリッジングと伝送距離の延長に使用されます。したがって、ネットワークビデオレコーダをスイッチに接続してオフィスを監視し、Wi-Fiをすべてのオフィスに提供できます。

三階と他の三階間のケーブル配線については、12芯 MTP-6×LCカセットを使用して、各フロアの12 LCファイバをMTPトランクケーブルに変換します。タイプA MTPカセット、タイプA MTP-12モジュールとタイプAF MTPカセットは、適切な極性管理に適用されます。MTP接続により、トラブルシューティングと将来のメンテナンスが大幅に簡素化されます。

Surveillance Network Design

結論

FSは、メディアコンバーターを使用して光信号を電気信号に変換し、安全で効率的な監視ネットワークを確立することにより、Cat6パッチケーブルの到達距離を超えて伝送距離を延長すること可能にし、クライアントの問題解決に役たちます。メディアコンバーターは、ファイバケーブルと銅線ベースのネットワークデバイスを統合したい小規模ビジネスネットワークにとって理想的でシンプルなソリューションです。

0

あなたにおすすめの記事