キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/30/1-2-3.jpg

【FS 新発売】メトロエッジ向け WDMマルチサービス光伝送プラットフォーム

FS M6200シリーズ

2020年11月12日 に投稿された

「FSニュース」WDM(Wavelength Division Multiplexing、波長分割多重方式と呼ばれる大容量の信号を伝送するための光通信技術、下記WDMと呼ぶ)市場に進出する第一歩として、FS 光伝送プラットフォーム 6200シリーズの活用が期待されています。M6200シリーズはメトロアクセスに向けたWDMを備え、企業及び通信キャリアのお客様に高パフォーマンスなネットワークを提供します。

5G、クラウドサービスなどといった新しい通信サービスが次々と出てくる時代において、メトロネットワーク領域のエッジにより広い帯域幅は必要とされています。市場需給変化を見据え、アクセス層における光伝送技術を見込むFSは10G 光伝送プラットフォーム 6200シリーズを発売することにしました。ご利用いただくことで。快適なネットワークを構築し、業務効率を向上させることが可能です。新しい光伝送プラットフォーム M6200シリーズは理想的な光伝送ネットワークソリューションとして、メトロネットワークにおける各サービス(光回線、プライベートネットワーク、モバイルサービスなど)の信号を統一的に扱えます。

M6200シリーズを利用した高度集約的な光伝送プラットフォームソリューションは5*10Gマルチチャネルトランスポーター及びパッシブ40GチャネルDWDM MUX/Demuxカードを搭載し、100Mから最大11.1Gの通信速度に対応します。また、通信プロトコルも統合され、例えばOTN(Optical Transport Network、光伝達網)における10GLAN/WAN、100M イーサネット、STM-16/64、OTU2/2e、1/2/4/8/10Gファイバチャネルなどといった通信プロトコルです。高度集約的なソリューションは EDFA, OLP, DCM, R/B, VOAを包括的に備え、高パフォーマンスで柔軟性の高い光伝送回線の構築を実現しました。さらに、7分以内システムの設置作業が完成できるM6200シリーズは遠隔監視・故障修復・データ観察の機能を備え、ネットワークを統合的に管理することができます。

ネットワーク品質測定済みの光伝送プラットフォーム 6200シリーズは高パフォーマンスを持ち、国際的な認証を取得しました。2年の品質保証がつくだけでなく、弊社(FS)はお客様に無料の技術サポートを提供し、より高パフォーマンスな光伝送ネットワークの構築するを目指しています。

303

おすすめのコンテンツ