https://img-en.fs.com/images/solution/pon-network.jpg

PONのABC:OLT、ONU、ONTおよびODNについて

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-15-0.jpg

John

2018年10月22日 に投稿された
2020-12-02 19:31:22
6961

PONのABC:OLT、ONU、ONTおよびODNについて

近年、FTTH(Fiber to the Home)は世界中の電気通信会社から真剣に受け止められており、技術の急速な発展が見込まれています。FTTHブロードバンド接続を可能にする2つの重要なタイプのシステム、すなわちアクティブ光ネットワーク(AON)とパッシブ光ネットワーク(PON)があります。この記事では、OLT、ONT、ONU、ODNなどの基本コンポーネントと関連技術を中心にPONネットワークのABCを紹介します。

パッシブ光ネットワーク(PON)とは何ですか?

パッシブオプティカルネットワーク(PON)は、光ファイバのケーブルと信号をエンドユーザーに提供するシステムです。PONがどこで終わるかに応じて、システムはFTTC(fiber-to-the-curb)、FTTB(fiber-to-the-building)、FTTH(fiber-to-the-home)と記述できます。

PONネットワークのコンポーネント

PONは、通信会社の光回線終端装置(OLT)と、エンドユーザに近い多数の光ネットワークユニット(ONU)で構成されています。現在のPON標準には、ギガビットパッシブ光ネットワーク(GPON)とイーサネットパッシブオプティカルネットワーク(EPON)の2つの主要な標準がありますが、どのタイプのPONにも同じ基本トポロジ構造があります。ギガビットイーサネットパッシブ光ネットワーク(GEPON)システムは、一般にサービスプロバイダの中央オフィスの光回線終端装置(OLT)と、エンドユーザに近いいくつかの光ネットワークユニット(ONU)または光ネットワーク端末(ONT)から構成されます。さらに、OLTとONU/ONTとの間の伝送中に光分配ネットワーク(ODN)が使用されます。

パッシブオプティカルネットワーク

光回線終端装置(OLT)

OLTは、GEPONシステムのL2/L3スイッチ機能を統合した機器です。一般に、OLT機器には、ラック、CSM(制御およびスイッチモジュール)、ELM(EPONリンクモジュール、PONカード)、冗長保護-48V DC電源モジュールまたは110/220V AC電源モジュール1つとファンが搭載されています。これらのパーツでは、PONカードと電源は、他のモジュールが内部に組み込まれている間にホットスワップをサポートします。OLTの主な機能は、中央オフィスに位置している間に、双方向に進むODNを介して情報フロートを制御することです。ODNを介して送信するためにサポートされる最大距離は20 kmです。OLTには2つのフロートの方向があります:上流(ユーザーから異なる種類のデータと音声トラフィックを配信すること)と下流(メトロネットワークまたは長距離ネットワークからのデータ、音声およびビデオトラフィックを取得し、ODN上のすべてのONTモジュールに送信すること)。

パッシブオプティカルネットワーク

光ネットワークユニット(ONU)

ONUは、ファイバを介して伝送される光信号を電気信号に変換します。これらの電気信号は個々の加入者に送られます。一般に、ONUとエンドユーザの構内との間に距離または他のアクセスネットワークが存在します。さらに、ONUは、顧客からのさまざまな種類のデータを送信、集約およびグルーミングし、OLTにアップストリームで送信することができます。グルーミングは、データストリームを最適化して再編成するプロセスであり、より効率的に配信されます。OLTは、顧客からのバーストで通常到着するOLTへのデータフロートのスムーズな配信を可能にする帯域幅割り当てをサポートしています。ONUは、ツイストペア銅線、同軸ケーブル、光ファイバーまたはWi-Fiなど、さまざまな方法およびケーブルタイプで接続できます。

パッシブオプティカルネットワーク""

光ネットワークターミナル(ONT)

実際、ONTは本質的にONUと同じです。ONTはITU-T用語であり、ONUはIEEE用語です。両方とも、GEPONシステムのユーザー側の機器を指します。しかし実際には、ONTとONUの位置によって若干の違いがあります。ONTは一般に顧客宅内にあります。

光配信ネットワーク(ODN)

ODNは、OLTへのONUの物理的接続のための光伝送媒体を提供します。その到達範囲は20km以上です。ODN内では、光ファイバケーブル、光ファイバコネクタ、受動光スプリッタ、および補助コンポーネントが互いに協働します。ODNは、特にフィーダファイバ、光分配ポイント、分配ファイバ、光アクセスポイント、およびドロップファイバである5つのセグメントを有します。フィーダファイバは、中央局(CO)電気通信室の光分配フレーム(ODF)から始まり、長距離通信のために光分配ポイントで終端します。光分配ポイントから光アクセスポイントへの分配ファイバは、それに沿った領域のために光ファイバを分配します。ドロップファイバは光アクセスポイントを端末(ONT)に接続し、ユーザの家庭内に光ファイバをドロップします。さらに、ODNはPONデータ伝送に不可欠な非常に重要なパスであり、その品質はPONシステムのパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティに直接影響します。

パッシブオプティカルネットワーク

結論

GFON用のOLT、ONU、ONT、ODNは、新世代のPON装置であり、主にFTTHプロジェクトの電気通信事業者によって適用されます。これらの機器はすべてFS.COMで提供され、高集積、柔軟な適応、信頼性、QOS、Web管理、柔軟な拡張能力という特徴を持っています。詳細はsales@fs.comまでご連絡ください。