キャンセル
https://media.fs.com/images/community/uploads/post/202012/17/default_graph.jpg

パッシブDWDMとアクティブDWDM

Margaret

翻訳者 ともや
2018年10月8日 に投稿された

FS.COMネットワーク機器専門通販サイト

専門家による無料相談・ビジネス向けネットワークスイッチ・即日発送・在庫充実

DWDMは、高密度波長分割多重の略で、既存のファイバネットワークの帯域幅を増やすために使用される光多重化技術を指します。DWDMは、同じファイバ上の異なる波長で複数の信号を同時に組み合わせて送信することによって機能します。それは長距離情報の送信を徹底的に変えました。一般的に、DWDMはパッシブDWDMとアクティブDWDMに分けることができます。この記事では、パッシブDWDMとアクティブDWDMの違いと選択についてご紹介いたします。

パッシブDWDMとアクティブDWDMの違いは何ですか?

パッシブDWDM

何よりもまず、パッシブDWDMシステムにはアクティブコンポーネントがありません。回線は、使用されるトランシーバーの光バジェットのためにのみ機能します。そして、パッシブDWDMシステムでは、光信号増幅器と分散補償モジュール(DCM)は使用されません。パッシブDWDMシステムのメリットは、チャネル容量が大きく、拡張の可能性があることですが、伝送距離は使用するトランシーバーの光バジェットに制限されます。パッシブDWDMシステムは、通常、メトロネットワークや高チャネル容量の高速通信回線で使用されます。

Passive DWDM Working Principle

アクティブDWDM

アクティブなDWDMシステムは、通常はトランスポンダーベースのシステムと見なすことができます。これは、データセンターの相互接続設定内のサイト間で大量のデータを伝送するのに役立ちます。トランスポンダは、短波850nmまたは長波1310nm形式でSANまたはIP交換形式の出力を受信し、光-電気-光(OEO)DWDM変換を介して変換します。長距離DWDMネットワークを作成する時、複数のEDFA増幅器が順次ラインに設置されます。1つのセクション内の増幅器の数は制限されており、光ケーブルのタイプ、チャネル数、各チャネルのデータ伝送速度、および許容OSNR値によって異なります。

Active DWDM Working Principle

アクティブDWDMシステムを使用する場合、使用可能な回線の長さは、取り付けられている光増幅器とOSNR値だけでなく、波長分散(送信信号インパルスの歪み)の送信信号への影響にも依存します。DWDMネットワークプロジェクトの設計段階では、モジュールの波長分散の許容値を考慮する必要があります。そして、必要に応じて、回線に波長分散補償モジュールも含まれるべきです。DCMは、回線に追加の減衰を導入し、増幅セクションの長さが短くなります。

パッシブDWDMとアクティブDWDM:どちらを選択するのですか?

上記の固有の特性に基づいて、パッシブDWDMとアクティブDWDMのメリットとデメリットは明らかであり、パッシブDWDMとアクティブDWDMのどちらを選択するかにこれらを考慮される必要があります。

パッシブDWDMのメリットとデメリット

パッシブDWDMのメリット パッシブDWDMのデメリット
  • より簡単なセットアップ

    すべての接続の波長を調整する必要がないため、セットアップするにはまったく複雑ではなく、プラグアンドプレイするだけでよろしいです。

  • 費用対効果の高いソリューション
    コンポーネント数が減り、エンジニアリング時間が短縮されますので、高チャネル容量機能により経費を大幅に節約することはできます。

  • 限られたスケーラビリティ
    DWDMネットワークは、色付きの光学部品や伝送ファイバ上のより少ない波長に制限されています。したがって、ネットワークが拡大するにつれて、より多くのパッシブコンポーネントが採用されます。ただし、パッシブデバイスが多いほど、管理も難しくなります。

  • 制御しづらい
    波長または接続を変更する必要がある場合は、波長を光ファイバに接続しているため、サービスを停止し、物理的なケーブル接続を切断しなければなりません。

アクティブDWDMのメリットとデメリット

アクティブDWDMのメリット アクティブDWDMのデメリット
  • ファイバの削減による容量の増加
    より多くの波長を単一のファイバペアに適合させます。単一のファイバペアでより多くの帯域幅を伝送できます。したがって、2つのサイト間で使用される物理ファイバは少なくなります。

  • より柔軟なセットアップ
    ユーザーは、透過性のために接続を切断することなく、波長を動的に再調整できます。これにより、光ネットワークをより柔軟的に制御できます。

  • より簡単なスケーラビリティ
    通常、アクティブなDWDMは、ネットワークが拡大するにつれて拡張が容易になります。

  • コストが高い
    全体的なアクティブDWDMセットアップ料金は、パッシブDWDMソリューションに比べてはるかに高価です。

  • 複雑な構成
    アクティビティの構築にはより多くのコンポーネントが含まれています。したがって、実際の構成は深刻な作業であり、光ネットワークをしっかりと理解する必要があります。

パッシブDWDMとアクティブDWDMのどちらを選択するかは、通常では距離要件、ネットワークのスケーラビリティ、初期インストール、将来の管理および費用などのいくつかの要因に依存します。もし 距離や将来のネットワークアップグレードに特別な要件がない場合、パッシブDWDMは、予算が限られているユーザーにフレンドリーで費用効果の高いソリューションを提供するため非常に適しています。一方、もし長距離用途および将来の変更とアップグレードする必要があれば、アクティブなDWDMソリューションは高い帯域幅を必要とするユーザーに適していると考えられます。そして、この場合、構成に関するITの知識もしっかり装備される必要になります。

要約

パッシブDWDMでもアクティブDWDMでも、ネットワークに最適なものを選択すればよろしいです。そして、より適切に判断するためにそれぞれの機能およびご自身必要な機能を先行して把握しておくべきです。DWDM波長合分波モジュールは、パッシブDWDMとアクティブDWDMの両方で必須です。ただし、DWDMネットワーキングの導入は、DWDMマルチプレクサ/デマルチプレクサだけではありません。次の 安全なDWDMネットワークの一般的なソリューション記事では、典型的なDWDMトランスポートネットワークソリューションをご紹介します。

1.7k

おすすめのコンテンツ