https://img-en.fs.com/community/uploads/post/201910/24/QSFP28-CWDM4-Module-Overview.jpg

QSFP28 CWDM4光モジュールの概要

108
https://img-en.fs.com/community/uploads/author/202003/25/1-6-3.jpg

Irving

翻訳者 ともや
2019年10月24日 に投稿された
2020-08-12 17:05:56
516

現在、QSFP28は、エンタープライズネットワークおよびデータセンターの100Gイーサネットのメインフォームファクターと見なされています。しかし、それらについてどれほどご存知でしょうか。前の投稿では、QSFP28 SR4、QSFP28 LR4、およびQSFP28 PSM4の詳細が紹介されています。今回は、定義、動作原理、仕様、アプリケーション、およびFAQなどの方面から、QSFP28 CWDM4光モジュールについて説明します。

QSFP28 CWDM4 ウィキ

100G QSFP28 CWDM4の定義

QSFP28 100G CWDM4は、QSFP MSA、CWDM4 MSA、およびIEEE P802.3bm標準の一部に準拠するように設計された、ホットプラグ可能な全二重フォトニック統合光モジュールです。SMFで最大2kmの高速100Gbps伝送を提供できるLCデュプレックスコネクタを備えています。具体的に言うと、QSFP 100G CWDM4モジュールは、4つの波長を多重化して単一のファイバで送信できるWDMテクノロジーを採用しており、光ファイバリソースを大幅に節約します。QSFP28 LR4の最大伝送距離は10kmで、これには100G QSFP28 CWDM4モジュールの伝送距離が含まれています。では、なぜQSFP 100G LR4を使用して2 kmを直接送信しないかというと、それはQSFP28 LR4モジュールはQSFP 100G CWDM4よりも消費量が多く、レーザーコストが高いからです。したがって、100G CWDM4モジュールは、2 kmを送信するQSFP 100G LR4のコストが高すぎるという欠点を補います。

QSFP28 CWDM4の動作原理

QSFP28 CWDM4光モジュールは、25Gb/s電気データの4つの入力波長を4チャネルのCWDM光信号に変換し、100Gb/s光伝送用の単一チャネルに多重化します。一方、QSFP 100G CWDM4は、100Gb/s光入力を4チャネルのCWDM光信号に逆多重化し、受信側で電気データの4出力チャネルに変換します。

QSFP28 CWDM4 Working Principle.jpg

図1:QSFP28 CWDM4モジュールの動作原理

FS QSFP28 CWDM4データシート

FS QSFP 100G CWDM4モジュールはすべて、業界標準を満たすように製造されており、多くのお客様に認められています。Cisco、Juniper、Arista、Brocade、Dellなどの200以上のベンダーと互換性があることが証明されています。

QSFP 100G CWDM4仕様

フォームタイプ QSFP28
波長 1271nm、1291nm、1311nm、1331nm
コネクタタイプ
LCデュプレックス
ケーブル種類 SMF
送信パワー
~-6.5-2.5dBm
通信プロトコル 100Gイーサネット、MSA準拠
最大転送速度 103.1 Gbps
最大転送距離 2km
送信機タイプ
DML CWDM
DDM/DOM サポートあり
受信感度
<-11.5dBm
商業用温度範囲 0° ~ 70°(32 ~ 158°F)


QSFP 100G CWDM4のメリット

1. すべてのFS QSFP28 CWDM4モジュールは、パフォーマンスと互換性を確保するために、プログラミングと広範なプラットフォーム診断テストが実行されています。また、FS 100GBASE-CWDM4モジュールは、関連する業界標準仕様を満たす限り、非FS 100G CWDM4モジュールと完全に互換できます。

2. FSのすべてのQSFP 100G CWDM4モジュールは、1年および5年の保証期間内に交換サービスが提供されます。

3. FS 100G QSFP28 CWDM4モジュールは、モジュールコーディングツールーーFSボックスを使用し、すぐにネットワークハードウェア用に再構成できます。このようにして、QSFP 100G CWDM4モジュールは現場でプログラムされ、200を超えるOEMデバイスと効率的かつ柔軟に互換性があります。

4. アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、シンガポール倉庫に大量の在庫があるため、QSFP28 CWDM4 100Gモジュールは即日出荷できます。

QSFP 100G CWDM4の配線と接続

QSFP 100G CWDM4はWDMテクノロジーを採用して、単一ファイバで最大伝送距離2kmの信号を伝送し、光ファイバリソースを大幅に節約します。ほとんどの場合、QSFP28 CWDM4モジュールは、エンタープライズネットワークおよびデータセンターの100Gから100Gへの相互接続に使用できます。

ファイバアダプタパネルを備えた100G-100Gインターコネクトケーブルソリューション

FHDファイバアダプタパネルとの接続方法は非常に簡単です。次の図に示すように、2つのQSFP28 CWDM4モジュールが2つの100Gスイッチに接続されています。また、100Gから100Gへの相互接続は、FHDファイバパッチパネル、ラックマウントファイバエンクロージャー、LCデュプレックスシングルモードファイバパッチケーブルを使用して実現できます。このソリューションでは、ファイバエンクロージャーとアダプタパネルが構造化ケーブル管理に使用されます。

QSFP28 CWDM4  100G-100G Interconnect Cabling.jpg

図2:QSFP28 CWDM4モジュール100Gから100Gへの相互接続

100G QSFP28 CWDM4に関するよくある質問

Q1: 100G QSFP28 CWDM4オプティクスのペアを操作するには、FECをオンにする必要がありますか?

A: QSFP28 CWDM4モジュールを使用する場合、両端で同時にFECを開閉する必要があります(FEC機能がオンになってビットエラーレートが低下します)。

Q2: QSFP 100G CWDM4モジュールと100G CLR4モジュールの主な違いは何ですか?

A: 主な違いは、前方誤り訂正(FEC)機能です。QSFP 100G CWDM4の場合、FECをサポートするために必要です。100G CLR4に関しては、FECはオプション機能です。FECの有無にかかわらず動作をサポートできます。100G CLR4は、FEC機能を有効にしてリンクマージンを増加させるか、FEC機能なしで低遅延と低電力のパフォーマンスを維持できます。

Q3: QSFP28 CWDM4はQSFP 100G PSM4とどのように違いますか?

A: QSFP28 CWDM4とQSFP 100G PSM4は両方とも4つの波長で送信できます。ただし、QSFP28 PSM4は4つの独立した波長を使用して、8芯MTP/MPOシングルモードファイバパッチケーブルを介して信号を送信します。QSFP 100G CWDM4では、4つの波長を多重化して単一のファイバで送信できるので、2芯LCデュプレックスシングルモードファイバパッチケーブルで送信を実現できます。

Q4: QSFP 100G CWDM4モジュールの消費電力はどのくらいですか?

A: QSFP28 CWDM4の最大消費電力は3.5Wです。すべてのFS 100G QSFPスイッチポートは、最大4.5Wを消費するQSFP 100Gモジュールを処理するように設計されています。100G QSFP28 CWDM4が4.5Wを超える電力を消費する場合、気流の方向、周囲温度、高度などの他の依存関係があるため、FSはパフォーマンスを保証できません。

Q5: QSFP28 CWDM4のコネクタをクリーニングする必要がありますか?

A: はい。データセンター施設では、すべての光ファイバコネクをタクリーニングすることによって、リンク障害や高価で重要なネットワーク機器の不要な交換を減らすことができますので、強くお勧めします。

Q6: 対応互換QSFP 100G CWDM4光学機器を機器に使用すると、メーカーの保証に悪い影響を及ぼしますか?

A: いいえ。ネットワーク機器メーカーは、有名ブランドの光学機器しか使用しなければならないと強制しません。実際、もしネットワークで製品の欠陥または不具合が発生し、しかもサードパーティ製品の使用に起因しない場合、ネットワーク機器メーカーは保証対象製品またはサポートプログラムの対象となる製品に対して引き続きサポートを提供します。

関連情報