日本語

スイッチングハブの電源冗長化とは?

Updated on 6月 23, 2022
11.9k

FS.COM|ネットワーク機器専門通販サイト

多くのネットワークスイッチ、特に古いスイッチには、単一の電源しかありません。これは、信頼性と継続的な可用性を保証するために冗長電源を必要とするネットワークアプリケーションを処理する場合の課題です。次に、冗長電源とは何ですか?それからどのように利益を得ることができますか?この記事では、それらの問題をふまえて詳しく解説します。

 

冗長化とは

もともと「冗長」は重複していたり不必要に長かったりして、無駄のあることの意味をし示していますが、IT分野において「冗長」は無駄な意味で使われていません。

冗長化とはシステムの一部に障害が発生しても、システム全体が本来の機能を失われないように、予備装置を平常時からすぐ配置、運用することです。冗長化による安全性は「冗長性」と言い、英語で「Regundancy」と呼ばれています。したがって、システムの運用が一瞬停止すると、政府や金融機関や大手企業が大きな影響を受けないために、冗長性の設計が非常に必要となっています。

 

冗長電源とは

冗長電源とは、単一のネットワーク機器が2つ以上の物理電源を使用して動作する場合です。各電源には、デバイスを単独で実行する容量があります。これにより、1つの電源が故障した場合でも、デバイスが正常に動作することが保証されます。通常、サーバーやその他の非常に重要なコンピューターで使用され、コンピューターの完全なシャットダウンや障害の可能性を最小限に抑えます。現在では、ネットワークスイッチなどの多くのネットワーキングデバイスにも普及しています。

 

スイッチングハブデュアル電源の種類

電源装置の冗長性は、「1+1冗長電源運転」と「1+N冗長電源運転」の2つのタイプに分類できます。「1+1冗長電源」では、すべてのスイッチが2つの電源装置を備えられているため、一方がダウンすると、もう一方が引き継ぎます。この方式は、1 + 1冗長性とも呼ばれます。

1+N冗長運転では、複数のスイッチ用に1つの追加の電源があります。ネットワークスイッチに電源障害が発生した場合、電源装置の切り替えに時間がかかります。次に、2つの異なるタイプの電源冗長性のスキームを示します。

Figure 1 Redundant Power Supply Scheme.jpg

通常、ネットワークスイッチのデュアル電源は通常、「1+1冗長電源」を示します。2つの電源は同時にパワーアップ、動作することになります。ただし、異なるメーカーによって、「1+1冗長」のスイッチに、1つの電源はアイドル状態になることがあります。

 

冗長電源のメリット

通常、冗長電源で設計されたスイッチを使用する主な利点は3つあります。例としてS3910-24TSを取り上げます。これには、以下にリストされている同じ利点を持つデュアル電源が備わっています。


機器の継続的かつ正常な動作を保証

1:N冗長性では、電源が2つあるにより、何らかの原因で片方の電源が切れても、もう片方の電源がすぐに補って機器にフルパワーを供給するため、ダウンタイムを最小限に抑えます。このような状況下では、予備装置の電源はネットワーク全体の電源のバックアップとみなすことができる。

ただし、1:N冗長性では、停電による電源断が発生した場合、オンラインになるまでに時間がかかります。

ホットスワップに対応

一般的に、2つ以上の電源装置を搭載したネットワークスイッチはホットスワップに対応しています。1つが動作しなくなった場合、機器の電源を入れ稼働状態で、故障した電源装置を取り外し、新しい電源を物理的に挿入できます。

ネットワーク設定が簡単

メインネットワークの電源に障害が発生した場合、ネットワークを迅速かつ自動的に回復できることが不可欠です。電源の冗長性により、重要なネットワーク機能が必要なときにいつでも利用できるようになり、IT管理者は電源障害によるネットワークの問題を簡単に防ぐことができます。ネットワーク全体の各デバイスにデュアル電源が含まれている場合、電源の冗長性を備えたネットワークのセットアップは簡単です。

 

冗長電源を備えたネットワークスイッチを入手する必要はありますか?

冗長電源はさまざまな面で多くの便利さを提供できますが、1つの欠点もあります。冗長電源装置のセットアップの欠点の1つは、デバイス自体のスペースが増えることです。これが、稼働時間が非常に重要な状況でのみ使用される理由です。ただし、冗長電源装置は、不慮の電源障害による不必要なダウンタイムとデータ損失を解決します。さらに、単一の電源を備えた通常のスイッチと冗長電源を備えたスイッチとの間に大きな価格差はありません。したがって、ネットワークエクスペリエンスを向上させるには、冗長電源を備えたネットワークスイッチを入手する必要があります。

関連記事:「電源コードの種類・規格について:国内規格と海外規格の選定

3

あなたにおすすめの記事